Record China

ヘッドライン:

【動画】中国の動画配信者が謝罪、奇観の「丹霞地形」踏みつけて破壊と批判

配信日時:2020年7月10日(金) 23時20分
拡大
中国の旅行・冒険系動画配信者の「冒険雷探長」は8日、龍洲波浪谷の丹霞地形を踏みつけて破壊したなどと批判を浴びた問題で、「公開した動画が良くない社会的影響を招いたことをおわびします」などと謝罪した。

中国の旅行・冒険系動画配信者の「冒険雷探長」は8日、陝西省靖辺県龍洲波浪谷の丹霞地形(たんかちけい)に規定に違反して外国人観光客を連れて侵入し、丹霞地形を踏みつけて破壊したなどと批判を浴びた問題で、自身の微博(ウェイボー)を更新し、「公開した動画が良くない社会的影響を招いたことをおわびします」などと謝罪した。

丹霞地形とは、主に白亜紀の赤みがかった砂岩や礫岩によって形成されているカルスト状地形。

龍洲波浪谷は、朱色の砂岩の層が波のようにうねる米アリゾナ州の秘境「ザ・ウェーブ」の中国版としても知られている。

北京青年報によると、冒険雷探長は、「番組の本来の目的は、報道されたような『ひけらかし』などではなく、陝西の人や文化の秘密を探り、陝西の観光資源を紹介することです。5月上旬に靖辺に到着後、番組に登場する客引きの同郷人と出会いました。地元の人が案内してくれればより深く理解できるとの考えから、彼の案内の申し出に応じ、ルールに反した方法で一部の観光地を遊覧してしまいました」などと釈明した上で、「靖辺の公安や観光当局が詳しく調査した結果、地質は比較的固いため、その上を歩いて撮影しても破壊したことにならないことが確定されました」と明らかにした。

冒険雷探長は、中国の動画サイトのほか、YouTubeにもチャンネルがあり、67万4000人の登録者がいる。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング