Record China

ヘッドライン:

茨城県や埼玉県で発生した地震に中国で心配の声「日本は今年つらいね」「クレヨンしんちゃんの故郷?」

配信日時:2020年7月9日(木) 16時0分
拡大
9日、茨城県南部や埼玉県などで発生した震度4のやや強い地震について報道されると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は春日部駅。

2020年7月9日6時5分ごろ、茨城県南部を震源とするやや強い地震があった。震源の深さは約50km、地震の規模はマグニチュード(M)4.7と推定。埼玉県、栃木県、群馬県、茨城県が震度4と報道されると、中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられた。

今年は日本で災害がたびたび発生していることから、「豪雨がまだ終わっていないのに、次は地震か。日本は今年つらいね」「今年は本当に災難続き。世界の主要国はめちゃくちゃだ」などのコメントが寄せられた。

また、「日本ではよく地震が起こっている」「日本では地震が1日3度の飯のようなものだ」などの冷静なコメントが見られたほか、「日本が好きなので、日本の無事を願う」と心配の声も上がった。中には「埼玉県?クレヨンしんちゃんの故郷?」とアニメに関連して関心を寄せ、クレヨンしんちゃんの無事を願うコメントをするユーザーもいた。(翻訳・編集/多部)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「続きが気になるだろう…」=津波で亡くなった息子へ「少年ジャンプ」買い続ける母親に中国ネット感涙

14日、宮城県名取市の女性が7年前の東日本大震災による津波で亡くなった息子(当時13)のため、息子が毎週小遣いで買っていた「週刊少年ジャンプ」を今も買い続けているという話が中国でも伝えられ、ネット上に感動の声が多く寄せられている。資料写真

Record China
2018年6月14日 11時0分
続きを読む

ランキング