Record China

ヘッドライン:

韓国人留学生がフランスで人種差別被害、刃物で刺され重傷=韓国ネット「旅行なんて行けない」

配信日時:2020年7月9日(木) 23時20分
拡大
9日、韓国・聯合ニュースによると、フランス南部で韓国人留学生が人種差別的な中傷を受けた後、刃物で刺される事件が発生した。写真はフランスの国旗。

2020年7月9日、韓国・聯合ニュースによると、フランス南部で韓国人留学生が人種差別的な中傷を受けた後、刃物で刺される事件が発生した。

記事によると、7日午後11時30分ごろ、モンペリエの中心街パレ・デ・コングレの前で、友人2人と散歩していた20代の韓国人留学生が現地の10代の少年3人から暴行を受け、刃物で刺され重傷を負った。

少年3人は留学生に向かって両手で目をつり上げるジェスチャーを見せ、これに対し謝罪を要求した留学生ともみ合いになった。その後、地面に倒れた留学生を刃物で2回刺したという。留学生は救急車で病院に運ばれ、少年3人は警察に逮捕されて取り調べを受けている。

欧州では新型コロナウイルス感染拡大後、韓国人留学生や在仏韓国人が現地の人から人種差別を受ける被害がたびたび報告されているという。

これに韓国のネットユーザーからは「今はどの国でもアジア人に対する人種差別が深刻だ」「欧州旅行に行けるようになったけど、こんな状態では怖くて行かれない」「今の時期に海外旅行に行くのは危険だ」など不安の声が上がっている。

その他「外国でけんかをしたら絶対負ける。人種差別を受けたら悔しくても無視しないと」「そもそも夜中に外国の道を歩き回ってはいけない」「芸能人たちはなぜ、黒人の人権問題には敏感なのに、こういう問題には沈黙するのだろう」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング