Record China

ヘッドライン:

「FBIの話を信じるのか?」中国報道官が記者に逆質問=FBIの“中国批判”受け

配信日時:2020年7月9日(木) 18時0分
拡大
9日、環球時報は、米FBIのレイ長官による中国を非難する発言に、中国外交部が反発したと報じた。写真はFBI。

2020年7月9日、環球時報は、米連邦捜査局(FBI)のレイ長官による中国を非難する発言に、中国外交部が反発したと報じた。

記事は米CNNの7日付報道として、同長官が7日に米保守系シンクタンク・ハドソン研究所で講演した際に「中国は米国経済にとって最大の脅威である」と語ったほか、中国による対スパイ活動を「キツネ狩り」と称した上で「法治に対する威嚇だ。わが国では10時間に1度の割合で中国によるスパイ事件が増えている」と述べたことを伝えた。

そして、中国外交部の趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官が8日、これらの発言に関する記者の質問を受けた際に、「FBIの話をあなたも信じるのか?米国の外交政策がレイ長官のような反中勢力によって縛り付けられていることを遺憾に思う」とコメントしたことを紹介している。

趙報道官はまた「米国の一部官僚による発言は基本的な事実を無視しており、政治的なうそに満ちている。また、一部政治家が再三にわたり中国に対して謂れのない批判やネガティブキャンペーンを繰り返し、中国脅威論を喧伝することで、自らの問題を隠そうとしている」と批判した。

さらに「キツネ狩り」については「国際犯罪の取り締まりは国際社会におけるコンセンサス。まさか米国は犯罪者にとっての『罪逃れの天国』になることを望んでいるのか」と発言。米国の一部官僚に対し、中国に対する誤った言論によって両国の相互信頼や協力を損ねるような真似を止めるよう求めている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング