Record China

ヘッドライン:

演習後も南シナ海に居座る米空母2隻、今度は自衛隊艦艇と共同訓練―中国メディア

配信日時:2020年7月9日(木) 11時0分
拡大
7月7日、令和2年度遠洋練習航海を実施中の練習艦「かしま」及び「しまゆき」は、南シナ海において、米海軍空母及び駆逐艦と日米共同訓練を行った。(写真:海上自衛隊のフェイスブックより)

中国共産党系のニュースサイト、環球網は8日、「米軍は南海(南シナ海)で空母2隻による演習を実施して軍事力を誇示した後も、その空母戦闘群は相変わらず南海を徘徊(はいかい)し、7日には日本の海上自衛隊の艦艇と共同訓練を行った」と報じた。

記事は、「日本の海上自衛隊が8日発表した最新の情報によると、海自の練習艦『かしま』、『しまゆき』は7日、米海軍の空母『ロナルド・レーガン』、駆逐艦『マスティン』と共同訓練を実施した。日本の海上自衛隊と米海軍が実施したのは戦術運動と通信訓練で、その目的は、海上自衛隊の戦術技量の向上及び自衛隊と米海軍との連携の強化だ」と伝えた。

その上で、「米国は最近、南海で頻繁に行動しており、4日には空母2隻を派遣して演習を実施した」とし、これについて、中国外交部の報道官が6日の定例記者会見で、「南海情勢は現在、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)国家の共同の努力によって全体的に安定を維持し、良い方向に発展している。しかし、そのような状況下で米国は、南海海域に軍隊を派遣し、大規模な軍事演習を実施し、軍事力を誇示したのには完全に別の意図がある。米国の動きは、地域の国家間の仲を裂き、南海の軍事化を推進し、地域の平和と安定を破壊するものであり、国際社会、特にこの地域の国は、そのことを承知している」と述べたことを取り上げた。

また、中国の軍事専門家で、海軍研究院研究員の張軍社(ジャン・ジュンシャー)氏が3日、環球時報とのインタビューで、「域外の国である米国は長年、軍艦や軍用機を頻繁に南海に派遣して演習や訓練を実施して軍事力を誇示してきた。そればかりか、軍艦や軍用機を他国の海域に侵入させて接近や偵察、いわゆる航行の自由行動を展開して、他国の主権を侵害し、南海の平和と安定を破壊することさえしている。米国は南海の軍事化の最大の推進役だ」との見方を示したことも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング