【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国で3カ所目の「慰安婦像」、南部の巨済市に―韓国メディア

配信日時:2014年1月17日(金) 21時30分
韓国で3カ所目の「慰安婦像」、南部の巨済市に―韓国メディア
画像ID  407651
17日、韓国・慶尚南道巨済市で、従軍慰安婦を象徴する少女像が設置された。写真は戦時中に慰安所があった場所。
2014年1月17日、韓国・慶尚南道巨済市で、従軍慰安婦を象徴する少女像が設置された。韓国・聯合ニュース(中国語電子版)が伝えた。

その他の写真

同様の少女像はソウル市の日本大使館前、京畿道高陽市湖水公園に次ぎ国内3カ所目。米カリフォルニア州グレンデール市の中央図書館前の公園にも設置されている。

巨済市の像はほかと異なり、立ち上がった姿。作者の彫刻家は「日本は従軍慰安婦問題で謝罪しないだけでなく、事実があったことさえ認めない。史実を隠ぺいし、歪曲し続けている」と主張。今回の少女像が立っているのは「もはや座して見ているわけにはいかない」意味を持たせたためという。

17日の除幕式には、生存する元慰安婦で最高齢の97歳の女性が出席。涙を流しながら旧日本軍に慰安婦にさせられ、強制連行された苦痛を語った。(翻訳・編集/AA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事