Record China

ヘッドライン:

米軍将兵、韓国の海水浴場で爆竹鳴らし大騒ぎ=在韓米軍「遺憾」、韓国ネット「処罰せよ」

配信日時:2020年7月9日(木) 0時20分
拡大
7日、韓国・聯合ニュースによると、在韓米軍の将兵らが韓国・釜山の海水浴場で爆竹を鳴らして騒いだことを受けて、在韓米軍は同日、遺憾の意を表明した。写真は釜山の海雲台。

2020年7月7日、韓国・聯合ニュースによると、在韓米軍の将兵らが韓国の釜山(プサン)の海水浴場で爆竹を鳴らして騒いだことを受けて、在韓米軍司令部は同日、遺憾の意を表明した。

釜山の海雲台(ヘウンデ)では今月4日、在韓米軍の将兵など外国人が、米国の独立記念日を祝うため、海水浴場で爆竹を鳴らす騒ぎを起こした。また、この日は海雲台周辺で米軍ドライバーによる交通事故が2件発生、飲酒運転による摘発も1件あった。

在韓米軍司令部は7日、「釜山での将兵たちの行動により、市民に不快感を抱かせ混乱を生じさせたことを遺憾に思う」とし、「韓国人や韓国の文化、法律、規制を尊重していない行動だった」と述べた。今回の騒ぎに関わった将兵らに対しては厳正に対処する方針を明らかにし、「強力な米韓同盟を維持できるよう努力していく」とした。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「厳しく処罰せよ」「『遺憾』と言うのではなく、『申し訳ない』と謝罪すべき」「ここは韓国なんだから韓国の法律を守るべき」と今回の騒動に批判の声が多く上がっている。

一方、「韓国でなくても、夜間に爆竹を鳴らして騒いでいい国なんてどこにもない」との指摘も。

その他「韓国文化を『尊重』でなく『理解』してよ」「駐留軍人たちは、駐留している国について学ぼうとか、理解しようと努力しない」「こんなことなら米軍は撤退すべきだ」などといったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/関)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング