【募集中】韓国語社内スタッフ

日本と韓国は中国の敵ではない! 真の「災い国家」はほかにある―中国メディア

配信日時:2014年1月17日(金) 16時18分
日本と韓国は中国の敵ではない! 真の「災い国家」はほかにある―中国メディア
画像ID  407597
16日、中国メディア・前瞻網は「中国にとって真の災い国家、日本も韓国もランクインなし」と題した記事を掲載した。
2014年1月16日、中国メディア・前瞻網は「中国にとって真の災い国家、日本も韓国もランクインなし」と題した記事を掲載した。以下はその概要。

その他の写真

歴史や現実を見れば、日本が中国人の恨みを買う国であることは明らかだ。現在も公然と中国に対立する日本だが、すでに中国の敵ではない。中国が今、警戒しなければならないのは、こっそりと中国に弓を引く以下の国々だ。

ベトナム:1000年以上も前に中国から離れ、100年以上前に中国に属した。中国から巨大な援助を受けながら、中国に銃口を向けている。中国人があげた銃を持ち、中国人があげた服を着て、中国人が援助した食料を食べて、中国人と戦う。これがベトナムだ。現在、南沙諸島の半分以上をベトナムが占有している。

インド:インドの軍事力発展は経済成長のペースより早い。核兵器所有後、インドはさらに野心を広げ、チベットにまで妄想を拡大している。中国の領土をすでに所有しているだけでなく、南シナ海も手に入れようとしている。野心的で核を持っているインドに、中国はどうやって対抗すればいいのか。

フィリピン:米国人がフィリピンを解放した。現在、フィリピンは東南アジアで最も忠実な盟友であり、南シナ海への野望を捨てきれず、南沙諸島への侵犯を繰り返している。フィリピン人兵士の銃弾が中国人漁民の胸を貫通し、フィリピン国旗が中国領土の上ではためいている。フィリピンは決して無視できない国だ。

米国:米国は世界一の超大国であり、中国は今まさに台頭している大国だ。米国は世界で最も整備された社会民主制度と世界最大の軍事力、世界で最も繁栄した経済を持つ、世界の覇者だ。台湾は米中両国間の最大の確執であり、経済は米中両国を引きつける役割を果たしている。対立と協力は米国の一貫した対中政策であり、接触と封じ込めは米国の対中戦略の得意技だ。世界の覇者を前にして、中国はどのような選択をするべきか。(翻訳・編集/本郷)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事