Record China

ヘッドライン:

貴州省でバスが湖に転落=突然ハンドル切る、21人の死亡確認

配信日時:2020年7月7日(火) 21時25分
拡大
中国の各メディアの報道によると貴州省内で7日午後0時半ごろ、バスがダム湖に転落した。バスは突然にハンドルを切って湖に突進した。午後5時半までに21人の死亡が確認された。
(1/3枚)

その他の写真

中国新聞網の2020年7月7日付報道など、中国各メディアの報道によると、貴州省安順市内で同日午後0時半ごろ、路線バスがダム湖に転落した。現場は湖に沿った道で、バスは突然にハンドルを切って湖に突進した。

現場で撮影された映像によると、バスは事故直前、湖に沿った道の湖からは遠い車線を低速で走っていた。バスは、左右にややふらつきながら走行しているように見える。その後、突然湖側にハンドルを切り、スピードを上げて突進して道路を横切り、湖に飛び出していった。

現地消防は現地時間午後1時半までに、消防車19台とゴムボート21隻、フロッグマン17人を含む97人を投入して、バス車内にいた人の救出を開始した。バス車体は午後4時20分までに引き上げられたが、湖底の捜索は続いた。

現場では、午後5時半までに計37人が救出されたが、うち21人の死亡が確認された。また、37人のうちの4人は学生や生徒などの若者で、「大学受験生がいた」との報道もある。4人ののうち3人は治療中で、1人は生命反応が見られないという。

同件は、バスには大学受験生が乗っていたことでも、注目を集めた。中国では大学入試が「若者の一生を決める重大事」と強く認識されており、例えば天候などが理由で遅刻者が出そうになった場合に警察が「会場への急行」を支援したことが、「美談」として受け止められる。中国社会に「大学受験生を応援したい」との考え方が強いだけに、同件は強い衝撃を与えつつある。(翻訳・編集/如月隼人

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング