Record China

ヘッドライン:

韓国のサムスンとLGがコロナの中で「予想外の実績」=韓国ネット称賛

配信日時:2020年7月8日(水) 16時0分
拡大
7日、韓国・聯合ニュースは「サムスン・LG電子がそろって驚きの実績…コロナの中で底力を見せた」と題する記事を掲載した。写真はサムスン製品。

2020年7月7日、韓国・聯合ニュースは「サムスン・LG電子がそろって驚きの実績…コロナの中で底力を見せた」と題する記事を掲載した。

記事によると、韓国のサムスン電子は今年4~6月期、市場予測の最大値を上回る営業利益8兆1000億ウォン(約7286億6000万円)を記録した。LG電子も予測値を上回る4931億ウォン(443億5830万円)を記録し、「新型コロナウイルスの危機的状況の中でも底力を発揮した」と評価された。当初不振が予告されていたスマートフォン・家電部門のマーケティングコストが減少し、需要は比較的良好だったため、予想より良い成績を収めたとみられているという。

サムスン電子は「半導体が他部門の実績不振を相殺する半導体効果が大きい方だが、4~6月期は全部門とも良好だった」、LG電子も「家電を中心に善戦し、特にスマートフォンの赤字幅が4~6月期に減少した」と分析されているという。

ただし、業界では「通常であれば大々的なマーケティング費用を投入するが、新型コロナウイルスの影響でマーケティング費用を支出できない効果が大きいため、マーケティングの拡大により実績が落ちかねない」と指摘する声が上がっている。また、サムスン電子の半導体部門は、上半期の在庫により下半期にはメモリ価格が下落するものと予想され、「好景気が続くかどうかは不透明だ」の指摘も出ているという。さらに、コロナの状況が下火になってはきたものの、完全に落ち着かない長期化局面に入ったという点も懸念要因に挙げられているという。

これを受け、韓国のネット上では「サムスン、LG、韓国企業ファイト!」「韓国の誇らしい電子業界のサムスンとLG、ありがとう!」など励ましや感謝のメッセージが寄せられている。

一方で「(サムスン電子の)李在鎔(イ・ジェヨン)副会長を韓国の大統領にしよう」「こんなに熱心に働く企業をたたこうとした文政権を打倒しよう」など文政権に対しては厳しい声が上がっている。

その他「みんな下請け会社の血と涙でできたことでは?」「でも株価は下がってる」「(コロナで自粛期間中だから)当然のこと。家電は家で使うものだから」などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング