大橋の欄干、つまんだだけでボロボロ崩れる!大雨で手抜き工事が発覚?―重慶市

Record China    2020年7月8日(水) 14時40分

拡大

6日、観察者網は、記録的な豪雨に見舞われた重慶市で、大量の雨水を浴びた橋の欄干が手で崩れるほど脆くなっていたことが分かり、手抜き工事の疑惑が持ち上がっていると報じた。

2020年7月6日、観察者網は、記録的な豪雨に見舞われた重慶市で、大量の雨水を浴びた橋の欄干が手で崩れるほど脆くなっていたことが分かり、手抜き工事の疑惑が持ち上がっていると報じた。

記事は、中国南部で降り続く豪雨により、道路や橋などのインフラの安全性や品質問題が注目を集めている中、6日に同市石柱県中益郷に架かる涼水井大橋の欄干が「つまむと泥になって崩れる」様子を撮影した動画がネット上で公開されたと紹介。動画の撮影者が豪雨による洪水の引いた橋の欄干を手で触ると本来堅牢なはずがただの「泥の塊」のようにボロボロと崩れ落ちる様子が動画に映っており、撮影者は欄干に重大な品質問題があるとの見方を示した。

記事によると、同郷の行政担当者はメディアの取材に対して「動画は事実」と認めた上で、橋の施工主は同県交通局の子会社であり、関係当局が現在調査を進めていると明かした。一方で、同県交通局は「この橋はまだ完成後の受入検査が済んでおらず、工事中ということになっている。工事の質に問題があったかどうか、他の問題によるものかはわからない」とし、橋が「未完成」であることを強調したとのこと。

記事によれば、この橋は全長107メートルで、2017年12月に新規着工し、19年8月に工事自体は終了したという。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携