Record China

ヘッドライン:

日本を旅行するならいつがいいのか―中国メディア

配信日時:2020年7月6日(月) 20時20分
拡大
5日、騰訊網に、「日本旅行はどの時期が最も適しているか」について紹介する記事が掲載された。写真は7月7日にオープン予定の“漫画の聖地”「トキワ荘」。

2020年6月5日、騰訊網に、「日本旅行はどの時期が最も適しているか」について紹介する記事が掲載された。

記事は、日本には春夏秋冬からなる4つの四季があり、どの季節もそれぞれ独特の魅力を持っているとした。

まず12~2月の冬については、非常に美しくロマンティックであると紹介。日本で降る雪は質が高く、スキーや登山に適しており、特にパウダースノーが降る北海道は、ウインタースポーツ愛好者にとっては理想の地だとしたほか、温泉に入るサルがいる長野の地獄谷野猿公苑、さっぽろ雪まつり、白川郷などが冬の観光スポットとして人気があると伝えた。

次に3~5月の春は、日本各地で見られる桜の花の美しさに「忘れがたい時間」を過ごすことができると説明。春のハイキングにも適した時期であるとした。6~8月の夏は湿度が高い時期である一方、伝統的なお祭りを楽しむには絶好の季節であると紹介している。

そして、9~11月の秋はモミジやイチョウの美しい紅葉が見られるほか、気候が涼しくなることから熊野古道の散策などハイキングやトレッキングにも適していると伝えた。

記事は最後に、日本の旅行に最も適した時期として、4月末~5月初めのゴールデンウイークの頃を挙げた。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング