韓国のお天気お姉さんが中学生男子へのセクハラ発言で炎上、謝罪へ―中国メディア

Record China    2020年7月4日(土) 20時20分

拡大

3日、海外網は、韓国の「お天気お姉さん」が男子中学生に対するセクハラ発言で非難を浴び、謝罪に追い込まれたと報じた。

2020年7月3日、海外網は、韓国の「お天気お姉さん」が男子中学生に対するセクハラ発言で非難を浴び、謝罪に追い込まれたと報じた。

韓国・聯合ニュースによると、JTBCテレビの気象キャスターを務めるキム・ミナさんが5月にYouTubeの「大韓民国政府」アカウントの番組に登場し、新型コロナウイルスのために自宅で授業を受けていた中学3年の男子生徒とオンラインで対話を行った。その際、キムさんが男子生徒に対して「今は精力が旺盛な時期だと思うけれど、家で1人でいるときは何をしているの」「彼女はいるの」などと質問、男子生徒が笑いながら回答に窮すると、キムさんはさらに質問を続けたという。

このシーンについてネット上で「セクハラだ」といった批判が噴出し、キムさんが今月1日に個人のSNSアカウントで「自分が間違っていたと認識しているとともに、自らの行為を恥ずかしいと感じている。この件についての責任を負うとともに、傷ついたすべての人に直接謝罪する」との声明を発表したという。

記事によると、キムさんは気象キャスターを務める傍らでバラエティー番組にもよく出演しており、率直な性格で知られているという。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携