Record China

ヘッドライン:

韓国の防疫措置に限界?各地で新型コロナ感染が拡大、専門家から懸念の声

配信日時:2020年7月6日(月) 10時20分
拡大
3日、韓国・聯合ニュースは、韓国内各地で新型コロナウイルスへの感染が拡大しており「広範囲の検査で隠れた感染者を見つけ出す現在のやり方では抑制に限界があるとの声が上がっている」と伝えた。写真は韓国。

2020年7月3日、韓国・聯合ニュースは、韓国の全国各地で新型コロナウイルスへの感染が拡大しており、「広範囲の検査で隠れた感染者を見つけ出す現在のやり方では、新型コロナの抑制に限界があるとの声が上がっている」と伝えた。

記事によると、2日午前0時までに韓国内で新型コロナウイルスの検査を受けた人は129万5962人だった。このうち感染が確認されたのは1万2904人で、1%水準となっている。ここ2週間(6月18日~7月2日)、1日の検査実施数は1万8000~2万2000件に達する。特定の施設や集団で感染者が出た場合は全数検査を行うこと、一部地方自治体で先制的に検査を実施していることが、検査数の増加要因だとしている。ソウル市は先月8日から七つの市立病院で無症状の市民を対象に、無料で検査を行っているという。

記事は「広範囲な検査で感染者を先制的に見つけ出せば、さらなる感染拡大を遮断することはできるが、新型コロナは無症状の患者が多く、防疫網の中で完璧に管理することが難しい」と指摘する。実際に、防疫網外での感染事例が連日増えており、この2週間での経路不明感染者の割合は11%で、初の防疫当局の目標(5%)を大きく超えているという。

また記事は「集団感染が水面上に現れた時には既に他の集団にも感染が広がっているケースが多い」とも指摘。光州(クァンジュ)市では寺院で発生した集団感染が周辺の住宅、教会、サークル、医療施設などに広がり、49人の感染者を出している。

感染症の専門家は「新型コロナの完全な封じ込めは現実的に限界があるだけに、被害を減らすことにも資源を適切に分配すべきだ」「寒くなれば患者が急増し、重症者も増えるという現実に目を向けなければいけない」と提言しているという。

記事は、感染拡大を防ぐ努力と同時に、重症者の治療に必要な人工呼吸器などの装備購入、看護師の教育などにも、予め投資すべきだと説明している。今月1日現在、重症者の治療に対応している病床数とそのうちの空き病床数は、全国539床のうちわずか126床だという。

韓国のネットユーザーからは「ワクチンができないかぎり答えはないよ。マスクもせず、人との距離を取らない人もいるし。疾病管理本部と医療従事者ばかりが苦労している」「マスクとソーシャルディスタンスは万能じゃないけど、守るべきだ。マスクをしている人も、きちんと着用を。手の消毒もちゃんとして、むやみに外出もすべきじゃない」「他人への配慮がない人は、マスクもしないでうろついてるよね」「人間たちよ、防疫ルールを守ろうと何度言えば分かるのだ?」など、生活様式を守ろうというコメントが多数寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング