海上自衛隊元海将「中国海軍は日米の格好の攻撃目標」、中国人少将は「盲目で楽観的」と切り捨て

Record China    2014年1月16日(木) 7時20分

拡大

15日、人民網によると、日本の海上自衛隊の元海将が著書で「中国海軍は日米の格好の攻撃目標」と評したことを受け、中国の尹卓少将は「その自信はどこから来るのか。あまりに盲目的で楽観的だ」と切り捨てた。写真は中国の空母「遼寧」。

(1 / 2 枚)

2014年1月15日、人民網によると、日本の海上自衛隊の元海将が昨年10月に出版した『日中海戦はあるか―拡大する中国の海洋進出と、日本の対応』で、「中国は原子力潜水艦や空母を作っているが、万が一軍事衝突が起きた場合、それらはすべて日本の海上自衛隊や米軍の格好の標的となる」と指摘した。

その他の写真

これを受け、中国の軍事専門家、尹卓(イン・ジュオ)少将は中国中央テレビの取材に対し、「米国ですらそのような自信は持っていないのに、日本の自信はどこから来るのか。あまりに盲目的で楽観的だ」と指摘。一部の反中国勢力や右翼主義者のプロパガンダに過ぎないと切り捨てた。(翻訳・編集/NY)

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携