Record China

ヘッドライン:

在韓米軍所属のヘリ、ソウルの公園に緊急着陸=目撃者「ものすごい音だった」

配信日時:2020年7月3日(金) 21時20分
拡大
2日、韓国・聯合ニュースなどによると、同日午後3時55分ごろ、在韓米軍所属のヘリコプター「ブラックホーク(UH-60)」が、ソウルにある漢江(ハンガン)公園内の空き地に緊急着陸した。写真は漢江公園。

2020年7月2日、韓国・聯合ニュースなどによると、同日午後3時55分ごろ、在韓米軍所属のヘリコプター「ブラックホーク(UH-60)」が、ソウルにある漢江(ハンガン)公園内の空き地に緊急着陸した。

ヘリはこの日、ソウルの竜山(ヨンサン)基地を出発。ソウル近郊の京畿道・平沢(キョンギド・ピョンテク)に向けて飛行中、エンジンに異常が確認されたという。ヘリには5人が乗っており、けが人はいなかったが、公園に緊急着陸する際、現場近くに設置されていたテントがプロペラからの風により一部が破損した。

公園の清掃作業員の1人は、「作業員の休憩所で休んでいたら、窓越しにヘリが下降していくのを見た。ものすごい音だった。休憩所の上に落ちる気がしたので外に飛び出し、車の後ろに隠れた」と当時の様子について語った。

在韓米軍は、詳しい事故原因を調べている。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「人命被害が無くて本当によかった」「大きな事故にならなくてほっとした」などと安堵(あんど)する声が多く上がっている。

また、「エンジンに異常が起きている中で着陸できたのは奇跡だ」「よくソウルで安全な着陸場所を見つけたな」「危険な状況で人命被害無く着陸できたことは称賛に値する」などといったコメントや、「機体の整備を徹底して、再びこのようなことが起きないようにすべきだ」と安全管理を求める声も上がっている。(翻訳・編集/関)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング