Record China

ヘッドライン:

文大統領の支持率が低下し「50%の壁」崩壊=若者が不満を抱く理由は?

配信日時:2020年7月3日(金) 14時0分
拡大
2日、韓国日報は、文在寅大統領の支持率が下がり、「50%の壁が崩壊した」と報じた。写真は韓国国旗。

2020年7月2日、韓国日報は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が下がり、「50%の壁が崩壊した」と報じた。

記事によると、世論調査機関のリアルメーターが同日発表した調査結果で、文大統領の国政運営に対する肯定的評価は、前の週(6月第4週目)に比べ、3.9ポイント下がった49.4%だった。一方、否定的評価は3.4ポイント上がり46.1%だった。

肯定的評価が50%を下回ったのは、今年3月の第3週目の調査(49.3%)以来のこと。肯定的評価と否定的評価の格差(3.3%ポイント)も、3月の第4週目(8.5%ポイント)以降で初めて1桁に縮まったという。

この原因について、記事は「不動産問題の過熱」や「南北間の緊張の高まり」、「仁川国際空港公社の正規雇用化問題」など悪材料が相次いだことが20~30代の支持率低下につながったと分析している。

これを受け、韓国のネット上では「まだ49%が支持しているとは…」「周りに文大統領を支持してる人は1人もいないんですけど」と厳しい声が上がっている。

また、「30代が離れたのは不動産問題が大きい。文大統領を信じて家を買わずに我慢していたのに、価格は上がる一方」と指摘する声や、「経済問題を何とかして」と訴える声、「経済破綻、外交失敗、北朝鮮の核問題、雇用失敗、不動産崩壊、法治主義めちゃくちゃ、安保めちゃくちゃ、原発失敗…。こんな人が一国の大統領であることが嘆かわしい」「子どもたちの将来が心配」と嘆くユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

うっかり本音が?韓国政府が「慰安婦再交渉」に言及後取り消すハプニング=韓国ネット「本来は破棄が正しい」「ぼろが見え始めた?」

14日、韓国メディアによると、韓国大統領府は13日、女性家族部の長官候補に成均館大学の鄭鉉栢教授を指名する人事を発表した。その際、「日韓慰安婦合意の再交渉」に言及したが、約50分後に発言を取り消していたことが分かった。写真は韓国大統領府。

Record China
2017年6月14日 12時10分
続きを読む

ランキング