Record China

ヘッドライン:

監督らからの暴行に苦しんだ女子トライアスロン韓国代表選手が自殺、韓国ネットに衝撃

配信日時:2020年7月2日(木) 18時20分
拡大
2日、女子トライアスロン韓国代表のチェ・スクヒョン選手が監督らからの暴言や暴行に苦しみ自ら命を絶った事件が韓国社会に衝撃を与えている。写真はチェ選手。

2020年7月2日、女子トライアスロン韓国代表のチェ・スクヒョン選手が監督らからの暴言や暴行に苦しみ自ら命を絶った事件が韓国社会に衝撃を与えている。

韓国・ソウル新聞によると、チェ選手は先月26日に釜山の寮で死亡しているところを発見された。遺族はチェ選手が所属チームの監督、ドクター、一部の先輩選手からのいじめが原因とみている。チェ選手が最後に母親に送ったメッセージには「お母さん、愛してる。あの人たちの罪を明らかにして」と書かれていたという。

韓国大統領府の国民請願掲示板には今月1日、「暴圧により死亡したチェ・スクヒョン選手の悔しさを晴らしてください」「トライアスロンの有望株の悔しさを晴らしてほしい」と題する2つの請願が掲載され、多くの署名を得ている。請願はいずれもチェ選手の知人が掲載したもので、「故人は所属チームで何度も繰り返し暴行、暴言、脅迫、パワハラ、セクハラを受けていた」として「加害者に対する徹底した捜査と厳重な処罰、真相究明ができるよう助けてほしい」と訴えている。さらに「(チーム関係者が)スリッパで顔をはたき、肋骨にヒビが入るほど殴打した」との内容も含まれている。

また、韓国・マネーSによると、遺族はチェ選手がチーム関係者から暴行を受ける様子を収めた記録も公開した。今年3月にニュージーランドで行われた合宿中のもので、チームドクターは「歯を食いしばって後ろを向け」「お前は毎日、殴られなければならない」「殴らなければ責められる」などと言いながら20分ほどチェ選手を暴行している。監督はチェ選手を暴行したドクターに対し「一杯やりましょう。チゲを作りました」と話しかけている。その後、2人は酒を飲みながらチェ選手の頬を20回以上たたき、胸や腹を蹴ったり頭をつかんで壁に押し付けたりする暴行を加えているという。

さらに、チェ選手の父親は「選手3人に20万ウォン(約18万円)相当のパンを買わされ、それを全て食べさせられるいじめも受けていた」と明らかにしたという。

これに対し韓国のネット上には「信じられない。これが本当に人間のすることだろうか」「これは明らかな殺人だ。逮捕、捜査して彼女の悔しさを晴らさなければ…」「若い有望株の人生を台無しにすることなど考えずに暴行を楽しんでいた人たち。厳しく処罰し、名前や顔を公開してほしい」「本当に腹が立つ。韓国のスポーツ界は腐ってしまっている」など憤りの声が続々と寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング