Record China

ヘッドライン:

「妻はタイ王室のプリンセスだ」韓国人の男、タイで韓国人投資家から5億ウォン詐取

配信日時:2020年7月4日(土) 19時20分
拡大
タイでこのほど、韓国人の男が不法滞在などの疑いで警察に逮捕された。男は、自分の妻をタイ王室のプリンセスと偽るなどして、韓国人投資家から大金をだまし取っていたという。撮影:Sasin Tipchai

中国紙・環球時報(電子版)は1日、「タイで6月29日、韓国人の男(55)が不法滞在などの疑いで警察に逮捕された。男は、自分の妻をタイ王室のプリンセスと偽るなどして、韓国人投資家から大金をだまし取っていた」と報じた。

韓国・聯合ニュースの6月30日付報道を引用して伝えたもので、それによると、男は、タイの移民局に住所を偽って申告し、その後、住居や電話番号を頻繁に変えながら不法滞在していた。

男は、タイ南部で600億ウォン(約53億円)規模の事業を誘致してくるなどと偽り、昨年末以降、韓国人投資家3人から計約5億ウォン(約4474万円)をだまし取った。

現地の韓国大使館によると、男は、タイで僧侶として活動し、妻はタイ王室のプリンセスで、タイ軍高官と知り合いだなどと偽り、投資家の歓心を買っていた。被害者の一人は男について疑問を感じていたが、男が口上手な上、王室や軍の恨みを買うのを恐れ、警察に通報する勇気がなかったなどと話しているという。

大使館の発表によると、すでに数年前から、現地のネット上には、男を名指しして「詐欺にあった」とするスレッドが立てられていて、同一人物であることが確認された。被害者らは帰国後に男を詐欺の疑いで告訴する予定で、韓国国内にも詐欺被害者がいる可能性があるという。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング