Record China

ヘッドライン:

「日本のこの地で400人の中国人が犠牲に」=日本人は慰霊式でこう述べた―中国メディア

配信日時:2020年7月2日(木) 15時20分
拡大
1日、中国メディアの海外網は、「400人の中国人労働者が日本のこの地で犠牲に、75年後、日本人は慰霊式でこう述べた」と題する記事を掲載。花岡事件の殉難者慰霊式について伝えた。

2020年7月1日、中国メディアの海外網は、「400人の中国人労働者が日本のこの地で犠牲に、75年後、日本人は慰霊式でこう述べた」と題する記事を掲載。花岡事件の殉難者慰霊式について伝えた。

記事は、花岡事件について「今から75年前、日本による侵略戦争期間中に秋田県花岡町(当時)へ強制連行された中国人労働者が、非人道的な虐待に耐えかねて蜂起し、その後鎮圧された」と紹介。400人以上が犠牲となったことを伝えた。

6月30日に大舘市で花岡事件の慰霊式が行われた。新型コロナウイルスの影響で例年よりも規模を縮小した。中国の遺族は出席しなかったが、「歴史の悲劇を繰り返してはならない。来年はここを訪れて追悼する」「戦争に反対し、平和を求めることが日中の両国民の願い」との追悼文を寄せたという。

慰霊式では、犠牲者への黙とうがささげられた後、大館市の福原淳嗣市長が「不幸な歴史を風化させることなく後世に語り継いでいく」と言及。記事はこのほか「いかなる状況においても、人の自由を奪い、尊厳を傷つけることはすべて残酷な行為であり、許されるものではない」との考えを述べたとも伝えた。

福原市長は式の開催について「慰霊式を始めた先人に対する敬意だと思っている。語り継ぐことが日中友好の懸け橋、絆、友好の礎となっていることを実感している」と語った。記事は「参列者は犠牲者の冥福を祈ると同時に平和を永遠に保つことを誓った」と伝えている。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

「日本人を恨んだりしていないよ」=家族を奪われた老人の話に、私はビックリした―中国人学生

小泉氏が首相を務めた時期は、靖国神社参拝をきっかけに「日中関係が戦後最悪に冷え込んだ」ともいわれた。そんな時代に、西安外国語大学の学生だった金美子さんがつづった思いは、関係が冷え込む現在にも通じるところがある。

日本僑報社
2016年10月1日 7時50分
続きを読む

「中国には賠償、韓国には憤怒」強制徴用問題、日本の対応はなぜ違う?

2日、韓国最高裁が新日鉄住金に韓国人元徴用工への賠償を命じる判決を下したことに日本政府が反発し強硬姿勢を強める中、韓国メディアが「日本は中国人徴用被害者に対しては、過去数回にわたり謝罪と賠償をした」と報じ、注目を集めている。写真は新日鉄住金。

Record China
2018年11月2日 14時30分
続きを読む

「南京大虐殺を悼むのになぜ日本の折り鶴なのよ!」=いつも優しい先生の怒鳴り声に、私はショックを受けた―中国人学生

過去の歴史は中国の人々の心に依然として暗い影を落としている。日本語を学ぶ学生への風当たりも強いが、それでも常州大学の陳さんのように日中関係の好転を信じている若者もいる。写真は折り鶴。

日本僑報社
2016年12月3日 7時40分
続きを読む

ランキング