Record China

ヘッドライン:

韓国人客激減の対馬、観光業に大打撃=地元ラーメン店主悲鳴「借金膨らむばかり…」

配信日時:2020年7月1日(水) 16時0分
拡大
30日、韓国・KBSは、日本の対韓輸出管理強化を受け、昨年、韓国で始まった「NO JAPAN」の動きが、韓国人観光客でにぎわっていた長崎県・対馬の観光業にも影響を及ぼしていると報じた。写真は対馬空港。

2020年6月30日、韓国・KBSは、日本の対韓輸出管理強化を受け、昨年から韓国で始まった「NO JAPAN」の動きが、かつて韓国人観光客でにぎわっていた長崎県・対馬の観光業にも影響を及ぼしていると報じた。

記事によると、かつて対馬を訪れる観光客の約8割は韓国人だったが、対韓輸出管理強化後、90%減少。加えて新型コロナウイルスの感染拡大に伴う入国制限措置により、4月以降、韓国人観光客は1人もいない状況になっているという。

韓国語のメニュー板を用意したり、キムチラーメンを新メニューに加えたりするなど、韓国人観光客の誘客に力を入れてきたという地元ラーメン店の店主は「多い時は韓国人ばかり40人ほどが並んだこともあったが今はゼロ。1年がたつが借金が膨らむばかり」と肩を落とした。

民宿も苦境にあえいでいるほか、釜山港発の旅客船が到着するターミナルも現在は閉鎖状態となっている。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「これまで対馬の観光業が韓国人観光客で成り立っていたなんて驚きだ」「外国ではなく日本国内から観光客を呼び込むべきだ」などといった声が上がっている。また「反省のない民族に未来はない」「『NO JAPAN』は今や日常になっている」「『NO JAPAN』は永遠に」などと、反日感情が反映されたコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング