Record China

ヘッドライン:

韓国政府が否定する「韓国軍のベトナム民間人虐殺」、ソウルの教育資料に掲載され物議

配信日時:2020年6月30日(火) 18時20分
拡大
30日、韓国メディア・韓国経済によると、ソウル教育庁が朝鮮戦争勃発から70年を迎えて最近発刊した教育資料の一部内容が物議を醸している。写真は韓国の中学校。

2020年6月30日、韓国メディア・韓国経済によると、ソウル教育庁が朝鮮戦争勃発から70年を迎えて最近発刊した教育資料の一部内容が物議を醸している。

記事によると、同資料の「韓国史の鏡、今も終わらぬ記憶の戦争、ベトナム戦争」のカテゴリでは、現在も韓国とベトナムの間で意見が分かれている「ベトナム戦争時の韓国軍によるベトナム民間人虐殺」疑惑を事実のように説明し、「ベトナム人の立場から、参戦した韓国軍の立場から民間人虐殺について考え、この問題にどう対応するべきか考えてみよう」と書かれている。

具体的には「ベトナム戦争でも民間人虐殺があり、韓国軍による虐殺もあったという」「韓国軍による民間人虐殺事件が初めて問題になったのは1968年のフォンニィ・フォンニャット事件で、韓国軍は虐殺の事実を否定しているものの、米資料館の文書管理所で2000年6月1日に機密解除された駐ベトナム米軍司令部の調査報告書には韓国軍の民間人虐殺に関する内容が写真と共に収録されている」などと説明されているという。

実際に、1968年の同事件の被害者だと主張するベトナム人とその遺族103人は昨年、韓国大統領府に対して事件の真相究明と公式謝罪を要求している。ただ韓国政府はこれまで、韓国軍による民間人虐殺の事実を否定しており、ベトナム政府も韓国政府に謝罪を要求していない。

また同資料は、韓国軍のベトナム戦争参戦の背景については「金銭的な理由が最も大きかった」としているという。

ソウル市は同資料をソウル市内の728の中高校に配布し、授業や学校内の教育活動に活用するよう要請している。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「事実は事実として教えるべき。歴史はドイツのように教え、反省すべき点は反省すればいい。いいことだけを書いて過ちを隠したら日本と同じだ」「こういう恥ずかしい部分もさらけ出して後世に伝えていく教育も必要」「ベトナム戦争に派兵された先祖の犠牲がなければ、今の韓国の発展はなかった。だから彼らの過ちについても私たちは責任を負うべき。韓国の恥ずかしい歴史も直視しよう」など、教育資料の内容に肯定的な反応が寄せられている。

一方で「確認されていない事実を教育資料として配布?おかしい国だ」「確かな情報もなく参戦した軍人を誹謗(ひぼう)する教育をするこの国の教育部は廃止するべきだ」「それなら、朝鮮戦争時に北朝鮮軍が韓国国民を虐殺した事実は書いてあるの?」など反発する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング