Record China

ヘッドライン:

河北省安新県で50万人が厳しいロックダウン下に、武漢市と同様の措置―仏メディア

配信日時:2020年6月29日(月) 12時50分
拡大
新型コロナウイルス感染症に関連し、中国の保健当局者は28日、北京から約150キロ離れた河北省安新県を完全に封じ込めて規制下に置くと発表した。写真は安新県。
(1/3枚)

仏RFIの中国語版サイトは28日、新型コロナウイルス感染症に関連し、「中国の保健当局者が28日、北京から約150キロ離れた河北省安新県を完全に封じ込めて規制下に置くと発表した。今年初めに武漢市において流行がピークに達していた際に実施されたのと同様の措置が講じられることになる」と報じた。

その他の写真

記事によると、27日から各村、小区(居住区)、建物において、住民の出入りを通行証などで厳重に管理する封鎖式管理が実施された。食料品や医薬品などの必需品を購入するための外出は、各家庭から1人のみ1日1回許可される。

記事は、「中国国営メディアによると、安新県では12人前後の感染が確認されており、うち11人の感染が(集団感染が発生した北京市の食品卸売市場の)新発地に関係しているという。しかし、中国以外では、中国当局が発表する数字の信頼性が疑問視されている」とも伝えている。

記事によると、北京市は28日午後の記者会見で、27日午前0時からの24時間で、新規感染者14人を確認したと発表した。また感染疑い例1人、無症状感染者3人も確認された。6月11日以降の感染者数は計311人に上った。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング