Record China

ヘッドライン:

上海市でICVの規模化したテスト応用をスタート

配信日時:2020年6月29日(月) 20時20分
拡大
人工知能や高度の通信技術を導入し、安全性や効率性の高い自動運転を可能とする自動車であるICVの規模化したテスト応用が6月27日、上海市でスタートした。

人工知能や高度の通信技術を導入し、安全性や効率性の高い自動運転を可能とする自動車であるICV(Intelligent Connected Vehicle)の規模化したテスト応用が6月27日、上海市でスタートした。新華網が伝えた。

第1陣となるICVは滴滴出行アプリでサービスが展開されている。ユーザーは滴滴出行アプリで申し込み、審査をクリアすれば、滴滴自動運転の体験を予約することができる。これにより上海市におけるICVの有人テスト応用が規模化段階に入る。(提供/人民網日本語版・編集TG)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング