Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】米国の香港自治法案、「反中乱港」な面構えを一層暴露

配信日時:2020年6月28日(日) 10時50分

米上院はこのほど、いわゆる「香港自治法案」を可決し、香港の自治を侵害する個人や金融機関、その他組織などに制裁を科すと脅迫している。この種の「ロング・アーム管轄権」の横暴な行為は、中国の内政に公然と干渉し、現代国際法の基本原則と国際関係の基本ルールを荒々しく踏みにじり、米国の一部政治家の「反中乱港(中国に反対し香港を乱す)」という悪質な下心を一層暴露するものであり、国際社会から全面的なあざけりと非難を浴びている。

 国際金融センターである香港の繁栄と安定が破壊されれば、在香港の米国企業の利益も必然的に損なわれ、香港を中継地とする米国の輸出入貿易も同様に大きな打撃を受けることになる。しかしながら、政治構造や歴史認識、基本的な経済常識を欠く一部の米国の政治家は、こうした基本的な要素を理解せず、また考慮することもしない。彼らは極端なイデオロギー上の偏見と強烈な政治上の私利を出発点として、香港の水をかき混ぜることで漁夫の利を得ようとしている。

 周知の通り、どの国にとっても、国家安全立法は神聖不可侵な主権的権利だ。同様に、中国の中央政府は自国の国家安全維持に最大・最終の責任を負っている。それでも中国側は、中国本土の国家安全維持に関連する法律を直接香港に移すのではなく、全国人民代表大会常務委員会が憲法や香港基本法、全国人民代表大会の関連決定により付与された権限に基づき、香港特別行政区の具体的な状況を加味して制定するのであり、これは「一国二制度」に対する尊重を十分に体現している。

 英国の著名な学者でケンブリッジ大学シニア・フェローのマーティン・ジャックス氏はこのほど、中国中央広播電視総台(CMG/チャイナ・メディア・グループ)の単独取材に応じ、「一国二制度」は香港問題を解決する良い方法であり、香港国家安全法の立法は香港の安定性と安心感を引き上げられると述べている。米国の一部政治家が言ういわゆる民主や自由とは、彼らが全世界でほしいままに強権を振るうための口実にすぎないことを、ますます多くの事実がはっきりと示している。

 香港の前途と運命は終始、香港同胞を含む14億の中国人民の手中に握られている。米国の政治家らに告げたいのは、中国の内政への干渉を直ちにやめ、精力を正しい道に用い、「ロング・アーム管轄権」という悪巧みの行使にこれ以上無駄に心を砕くべきでないということだ。(CRI論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

国家安全法は香港を乱す勢力への威嚇=香港政制及び内地事務局長

香港特別行政区政府政制及び内地事務局の曾国衛局長は26日、CMG(チャイナ・メディア・グループ)のインタビューを受け、「国家安全法の制定は予ねてからの待望であった。これは香港に対する国の苦心の現れであり、香港を乱す勢力に対して大きな威嚇力を持つものだ。これにより、社会は必ずより...

CRI online
2020年6月27日 13時5分
続きを読む

国家安全法 「一国二制度」に更なる発展の余地=香港公務員事務局長

香港公務員事務局の聶徳権局長は26日、CMG(チャイナ・メディア・グループ)のインタビューを受け、「国が香港のために国家安全法を制定することは、香港に対する保護と思いやりの現れである。この法律は香港の長期的繁栄にとって重要な意義があり、『一国二制度』の発展に更なる発展の余地をも...

CRI online
2020年6月27日 12時30分
続きを読む

ドキュメンタリー 天山は高く聳ゆ~中国新疆・反テロの記憶~その11

今から半年前、新疆におけるテロリストの真相を暴いた2本のドキュメンタリーが世に出ました。そして、6月19日、CGTNは3本目の作品として『天山は高く聳ゆ~中国新疆 反テロの記憶』を発表しました。多数の独占インタビューや初公開の場面を通じて、新疆のテロ取締りの道のりを詳しく紹介し...

CRI online
2020年6月27日 12時15分
続きを読む

【CRI時評】「責任転嫁」は米国の難関突破に寄与しない

最近、米国の政治家たちが「責任転嫁」の新たな行動を巻き起こしているが、これは彼らの感染症に対する予防・抑制活動のシナリオをますますデタラメでクレージーなものにしている。「ワシントン・ポスト」は最近、米国政府が「責任転嫁」を全く新しい段階に引き上げようとしていると何度も批判すると...

CRI online
2020年6月26日 21時41分
続きを読む

米国内感染者の実数は2300万人の可能性=米CDC

米国疾病予防管理センター(CDC)のロバート・レッドフィールド局長は25日、「米国内で確認されている新型コロナ感染者の数は、実際のところ10%だけという可能性がある」と指摘しました。 現在、米国内で報告されている感染者数は230万人で、CDC局長の推定に基づいて計算すれば、実際...

CRI online
2020年6月26日 19時25分
続きを読む

ランキング