Record China

ヘッドライン:

2020年上半期を飾った「渣男(ゲス男)」たちの顔ぶれ、アンジャッシュ渡部建の不倫騒動も登場

配信日時:2020年6月27日(土) 14時20分
拡大
2020年上半期に世間を騒がせた「渣男(ゲス男)」の顔ぶれを紹介するニュースに、中国でも連日のように話題となっているアンジャッシュの渡部建の不倫騒動も登場している。

2020年上半期に世間を騒がせた「渣男(ゲス男)」の顔ぶれを紹介するニュースに、中国でも連日のように話題となっているアンジャッシュの渡部建の不倫騒動も登場している。

今年上半期に話題をさらった「渣男」たちを振り返るこの記事は、ニュースサイト大手の新浪(SINA)が報じたもの。真っ先に名前が挙がったのは、台湾の歌手で俳優SHOW(ショウ・ルオ/羅志祥)。網紅(オンラインセレブリティ)として人気の女性と、9年間の交際の末に破局したSHOWだが、元恋人が交際中の“悪行”を暴露したもの。事務所の後輩タレントをはじめ、数多くの女性と関係を持っていたことをSNS上で明かし、深刻なイメージダウンを招いた。

昨年、メガヒットをたたき出したSF映画「流転の地球」や、ドラマ「晩媚と影~紅いロマンス」でブレークした俳優チュー・チューシャオ(屈楚蕭)も、元恋人が女性蔑視の行いの数々や、それを実証するメールアプリでのやり取りを暴露したことで批判の的に。俳優チャン・ミンオン(張銘恩)は、人気の若手女優2人と同時に交際していた疑惑がこのほど浮上した。

国外から唯一名前が挙がったのは、お笑いコンビのアンジャッシュの渡部建。妻で女優の佐々木希との交際当時から複数の女性と関係し、結婚後も多くの女性と肉体関係を持っていたことは中国でも話題に。このほど週刊誌が報じた渡部本人の謝罪内容など、これまでの一連の流れは常に注目を浴び、中国版ツイッターのニュース閲覧数ランキングでもたびたび上位に入っている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング