Record China

ヘッドライン:

嫌中派だらけのモンゴル人、間違って日本人を殴り、「ごめんなさい!中国人だと思った」と謝罪―中国メディア

配信日時:2014年1月11日(土) 12時24分
拡大
9日、中国のネット掲示板に「モンゴル人は中国人を嫌っているため、現地で不愉快な目に遭う中国人が多い」という内容の記事が掲載された。写真はウランバートル。
(1/2枚)

2014年1月9日、中国の軍事関連掲示板・米尓社区は、モンゴルで不愉快な経験をした中国人の話を掲載した。

その他の写真

モンゴルに行ったことのある同僚に、現地の様子を聞いてみた。われわれの会社は建築施工を請け負っているのだが、モンゴル人は中国人に対し、非友好的だという。いたずらや嫌がらせを受けるのを防止するため、建設現場に中国国旗を掲げるようなことはなかったそうだ。

ある中国人が大豆製品の粉をカバンに入れてモンゴルに入国したところ、モンゴル人ガイドが駅の入国検査場で「中国人が毒物を持っている」と係官に密告。その結果、数人の中国人のパスポートにスタンプを押され、5年間モンゴルへの入国禁止となってしまった。

同僚は「仕事以外に建設現場を離れることはほとんどなかった」と話す。ある日、外出した時、アジア人を殴っているモンゴル人を目撃。中国人が殴られていると思い、通訳に頼んで仲裁に入ってもらった。すると、殴られていたのは日本人だと分かった。モンゴル人は日本人に「中国人だと思っていました。すみません」と謝ったという。

同僚の部下が数人、モンゴルの移民局にこう留されたことがあり、同僚は現金を持って当局の役人に差し出した。モンゴルの役人は汚職まみれで、中国よりもひどい。だが、「もっとひどいのは現地の中国大使館の対応だった」と彼。数人の中国人がモンゴル側との労働問題を解決してもらおうと中国大使館を訪ねたところ、「中国はこんなに大きいのに、なぜわざわざモンゴルへ来て面倒を起こすのか」と門前払いに遭ったという。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

ランキング