Record China

ヘッドライン:

なぜ日本は入国制限緩和に台湾を含めなかったのか、答えが分かった―台湾の法律専門家

配信日時:2020年6月25日(木) 17時40分
拡大
台湾の法律専門家が25日、フェイスブックに「日本が入国制限の緩和対象に台湾を含めなかった答えが明らかになった」と投稿した。写真は成田空港。

台湾から帰国した日本人女性が新型コロナウイルスの検査で陽性となったことについて、台湾の法律専門家が25日、フェイスブックに「日本が入国制限の緩和対象に台湾を含めなかった答えが明らかになった」と投稿した。台湾・中時電子報が伝えた。

この投稿をしたのは葉慶元(イェ・チンユアン)氏。葉氏は「台湾の感染者数はこんなに少ないのに、なぜ日本が入国制限緩和に台湾を含めなかったのかずっと分からなかった」とした上で、「今、答えが明らかになった」とし、「検査しなければ感染例となることはなく、それは感染者がいないことを意味するものではない」との考えを示した。

台湾メディアによると、中央流行疫情指揮中心は24日の記者会見で、20日に台湾から日本に帰国した女性の状況について、日本から23日に連絡を受けたことを説明。陽性が判明したのは入国時に空港で行われた検査で女性に症状はなく、日本側は台湾で感染したとみているという。女性の台湾滞在は2月末からで、現地の学校で学んでいた。現段階では教師や学生など計140人が接触者とされている。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング