Record China

ヘッドライン:

<コラム>離れられない!中国・韓国・北朝鮮と台湾

配信日時:2020年6月29日(月) 22時20分
拡大
大陸は移動するから、何億年か経つと、ハワイが日本にぶつかるかも知れない。フィリピンが近づいてくるかも知れない。

日本はこの地域から離れられない。

「何億年か経つと、離れているか、なくなっているかなあ、ワン!」

吾輩はワンをぎろりと横目で見た。姿が見え、声が聞こえ、臭いがしているのだが、果たして実在しているのか?認知症のせいなのか?はたまた、幽霊犬なのか?エイリアンか?ま、まあ柴犬みたいで、可愛い気もするから、こだわらないでおこう。

「すんまワン」

ワンの言うとおり、大陸は移動するから、何億年か経つと、ハワイが日本にぶつかるかも知れない。フィリピンが近づいてくるかも知れない。なにより、それまでに日本は二つに裂けて沈没しているかも知れない。

(ふむ…、このワン、エライ奴かも知れない…、なるほど、大きな大きな時間軸や空間概念で見ると、われわれは一瞬の中に生きている。 かな?しかし、実在はしている…ふむ、哲学的だなあ)

いけない。妄想だ。

私の生きている時間はあと50年である。(うふふ…)

「世界最高齢でんな」

ワンを無視して続ける。

「あ、かなワンなあ。無視でっか…、ワ、ワーン」

100年や1000年、10000年のスパンでは、日本はここから離れられない。引っ越しも出来ない。お互い、隣の家に嫌な奴がいたら、無視したり、引っ越したりするのが無難である。喧嘩はろくなことにならない。

しかし、個人の家のようにはいかない。引っ越しは出来ない。無視も難しい。経済的に不可分である。特に中国と離れると、いまの日本の経済水準の維持が難しくなる。不景気になり、若者は仕事が無く、希望もなくなる。

「喧嘩」となると、小競り合いくらいはあったとしても、本格的な戦争になると「血」が流れる。これはどことも避けないといけない。

第二次大戦から本格的に戦争は総力戦になった。総力戦というのは陸空海の軍事力のみならず、国全体、国民総てが、戦うと言うことである。18歳以上の男子は徴兵、いや近年では女子もその対象となる可能性がある。第二次大戦の末期の日本では40歳くらいでも兵隊にしていった。まあ、40も半ばになると銃を担いで走れないのだが、そんな事は言っていられない。

戦時国債は、今回のコロナどころでないほど発行され、財政は破綻する。仕事を選ぶことも出来なくなる。もちろん言論の自由とか、政治活動の自由もなくなる。健康保険も年金も、ドンドン値上げされる。物価は統制され、米は配給制になる。

自由な「お笑い」も内容が規制され、「風の谷のナウシカ」は販売・上映禁止となるかも知れない。恋人が公園で寄り添うことも白い目で見られる。もちろん「恋愛」を唄う歌などは「国難」の折から、浮かれるなと、止められるだろう。

さすがに第二次大戦の時のように、敵国語「英語」禁止、今回は近隣諸国の言語禁止とはならないだろうが、文化的なものは止められるに違いない。韓国ドラマも、『レッドクリフ』も見られない。

「ご主人はん」

「ん?」

「そないなるまえに片がつくのと違いまっか」

「コ、コホン! エライ! ワン!」

現代戦では圧倒的な軍事力で、短期日で勝敗が決まると思われる。もし核兵器が使われれば、それこそ第三次大戦の引き金になる。使われていれば我が国はなくなっている。

中国の体制は共産主義だが、解放改革から、資本主義的手法で、高度経済成長をしている。我が国も付き合い始めると、貿易では中国が第1位となった。

コロナで生産拠点を移す動きもある。危機の分散ではいいだろうが、14億の消費経済にはなかなか代わる地域はない。なにせ隣だ。我々が豊かな生活をしている因の大きな部分である。

韓国と台湾は、同じ併合をした国なのに、日本に対する人々の反応は正反対だ。経済的結びつきは強いけれども。中国ほど巨大ではない。

北朝鮮は中国と同じ共産主義(社会主義)国家だが、北朝鮮は完璧な独裁或いは全体主義的な国だ。法治国家なのだろうけれども、アフリカの「独裁者」によって治められているのに近い様な気がする。

もちろん北朝鮮は、中国とは、極端に経済的成熟度が異なり、低い。中国は、軍事や鉱工業生産では、先進国と肩をならべ、ある分野では最先端でもある。もちろん、統計自体が曖昧だが、月額1万5千円程度の人々が4割とも6割とも言われる。経済的に跛行していて、これを正すのが今後だが、コロナなどもあり難しい。国の転換点だろう。

北朝鮮は月額1万5千円の人々が…、という話ではない。軍でさえ食べられない。今年は餓死者も出始めているというから、同じ共産主義といっても、天地ほどの差がある。日本は拉致問題もあり国交を断っている。地理的には近いがまさに「近くて遠い国」だろう。その北朝鮮では、核兵器と運搬手段がほぼ完成していると言う。これは近くて安定していない国だから脅威である。

「ご主人はん」

「ん?」

「この東アジアというのも、ものすごう複雑な地域でんな」

「そやなあ」

「まあ、世界中見ても…、人間というのは難儀なもんでんな」

「人間だけと言うより、生き物すべてだろうねえ。総て、自己が生きたい、だから貪りという動物本能から発している行為をする」

「あんさん、難しいこと考えてはるんでんな、さすがご主人はんや」

「そうか、イヒヒ、うひひ……」

「カナワン、ご主人はんや」

まあ、東アジアの国々とは、いずれにしても離れられないならば、「最低限淡々」とつきあうか、できれば仲良くつきあいたいものである。

■筆者プロフィール:石川希理
1947年神戸市生まれ。団塊世代の高齢者。板宿小学校・飛松中学校・星陵高校・神戸学院大学・仏教大学卒。同窓生いるかな?小説・童話の創作と、仏教の勉強と瞑想を10年ほど。明石市と西脇市の文芸祭り選者。児童文学のアンソロジー単行本、小説の自家版文庫本など。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング