中国高速鉄道は超電導リニアの時代に、最高時速は日本の2倍―中国メディア

Record China    2020年6月23日(火) 14時30分

拡大

21日、中国の磁気浮上式リニア走行試験で時速600キロを達成したが、1年半前の2018年10月15日には、新浪に「中国の高速鉄道は時速1000キロ時代に入る」とする記事が掲載されていた。資料写真。

2020年6月21日、中国の鉄道車両メーカー大手・中国中車が磁気浮上式リニアの走行試験で時速600キロを達成したが、1年半前の2018年10月15日には、新浪に「中国の高速鉄道は時速1000キロ時代に入る」とする記事が掲載されていた。

記事は「高速鉄道はすでにリニアの時代に入った」とした上で、中国では高温超電導リニアの研究が進んでいると紹介。液体窒素を使って列車を浮遊させることでその走行時速は1000キロに達するとし、「日本で実現されているリニアの最高速度(時速603キロ)の倍に相当するスピードである」と説明している。

また、本来は液体ヘリウムを用いる技術であるものの、液体ヘリウムが高価であること、外国に独占されていることから「中国の科学者たちが知恵を絞り、安価な液体窒素を開発した」と解説。15年には高温超電導リニアの走行実験線が作られ、実用化にはあと30年ほどの時間がかかる見込みだと伝えている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携