Record China

ヘッドライン:

韓国・済州島のぼったくり、コロナの影響でさらに深刻に?=韓国ネットも驚き

配信日時:2020年6月23日(火) 9時20分
拡大
22日、韓国・毎日経済は、韓国南部のリゾート・済州島のホテルの宿泊費について「ぼったくりが度を超えている」と伝えた。写真は新羅ホテル。
(1/2枚)

2020年6月22日、韓国・毎日経済は、韓国南部のリゾート・済州島のホテルの宿泊費について「ぼったくりが度を超えている」と伝えた。

その他の写真

記事によると、夏の休暇シーズンを控えた韓国では新型コロナの影響で国内旅行の需要が高く、中でも「コロナ清浄地帯」とされる済州島のホテルの宿泊予約が急増している。

しかしネット上などでは、その宿泊費に対する苦情が出ているという。済州島内の新羅ホテルの場合、デラックスルームの宿泊費は通常1泊40万ウォン(約3万5000円)台だが、8月1~10日の間は74万ウォン(約6万5000円)になる。プールやサウナ付きの商品だと90万ウォン(約7万9000円)台になるという。済州島のある旅行会社社長は「昨年と比較すると20~30%高い価格帯になっている」とし「バリやモルディブのようなリゾート地のプールヴィラホテルの宿泊費に匹敵する水準だ」と話したという。

ヴィラの宿泊費はさらに深刻で、新婚旅行のカップルに人気が高いパシフィックヴィラの7月末~8月初めの宿泊費は1泊217万ウォン(約19万円)台。最高級のザ・キャッスルは1泊600万ウォン(約53万円)を超えるという。

記事は「世界的なホテルの価格と比較しても信じられない価格帯」とし、「世界の都市の中で最もホテルの宿泊費が高いとされるニューヨークやホノルルでも1泊の宿泊費は平均30万ウォン(約2万6000円)台だ」と説明している。

また、「済州島はかねてより、観光競争力を下げる要因としてぼったくり料金が指摘されてきた」とし、「問題は、こうしたぼったくり料金を防止する制度がないこと」と指摘している。韓国観光公社関係者は「国内に向く旅行需要がぼったくりという副作用につながってしまうのは深刻な問題」とし、「コロナ終息後に旅行客が中国や日本に流れてしまう原因になる」と懸念を示しているという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「ひど過ぎる」「ここまでとは思わなかった」と驚く声が上がっている。

また、「完全にぼったくり天国。済州島旅行ボイコット運動を始めよう」「コロナ感染が拡大し始めたころは『人が来ない』と泣いていたのに。済州島の人たちはそのときの大変さをもう忘れたの?」「旅行客が東南アジアなどの国に流れてしまっても文句を言えないな」など批判的な声も続出している。

一方で「他の観光地も同じだよ。高いのが嫌なら行かなければいいだけ」「需要が高まれば価格が上がるのは当然のこと。みんなが行かなければ価格は下がるよ」「お金がある人が行き、ない人は我慢。済州島を批判するのは間違っている」など理解を示す声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本人観光客にぼったくり疑惑の韓国の飲食店、監視カメラの映像公開でさらに批判浴びる

18日、韓国・中央日報によると、日本人観光客に通常の10倍を超える金額でチキンを販売したとして批判を浴びている韓国のチキン専門店が、「ぼったくり」疑惑を否定するため監視カメラの映像を公開した。しかし同映像がさらなる波紋を呼んでいる。資料写真。

Record China
2018年5月18日 13時10分
続きを読む

「ぼったくり」と批判の平昌五輪宿泊施設、低すぎる予約率に悲鳴=韓国ネット「自業自得」「韓国のイメージが下がってしまう」

6日、韓国メディアによると、五輪特需を狙った宿泊料金の大胆な引き上げにより「ぼったくり」と批判を受けていた平昌五輪会場近くの宿泊施設が、今度は観光客らの「予約拒否」に遭い、大量の空室が出る危機に直面している。写真は平昌五輪の広報体験館。

Record China
2017年12月8日 6時0分
続きを読む

ランキング