Record China

ヘッドライン:

タイの人気俳優の「中国侮辱」で両国ネットユーザーが舌戦に、本人が謝罪―中国メディア

配信日時:2020年6月22日(月) 22時20分
拡大
21日、観察者網は、「中国を侮辱する行為をした」として批判を浴びていたタイの人気俳優が、中国人向けに謝罪したと報じた。

2020年6月21日、中国メディアの観察者網は、「中国を侮辱する行為をした」として批判を浴びていたタイの人気俳優が、中国人向けに謝罪したと報じた。

記事は、タイの人気俳優ブライトさんが4月9日、SNS上で香港を国と称する動画ツイートに「いいね」を付けたことが物議を醸したと紹介。ブライトさんは翌日に謝罪を行ったものの、これがきっかけでブライトさんの交際相手の女性がこれまでに中国を侮辱する言論を繰り返し、台湾や香港の独立支持者との疑いがかけられるトラブルに発展したことを伝えた。

そして、この状況に対してブライトさん本人は「あいまいな態度」を続けるとともに、交際相手に謝罪を求める中国人ネットユーザーの書き込みを削除したり、中国を侮辱するような発言をしたSNSアカウントに「いいね」を付けたりといった行為を繰り返したことで、中国とタイのネットユーザーの間で2カ月にも及ぶネット上の小競り合いが繰り広げられる事態になった、としている。

その上で、ブライトさんが今月20日にウェブ上でのファンミーティングを実施した後、マレーシア人のタレントに通訳を依頼した上で、中国のネットユーザー向けの謝罪動画を撮影、公開したと伝えた。

記事は、謝罪動画の中でブライトさんが「中国を侮辱したとの指摘は誤解によるもの。自分にも中国人の血が流れている。私は中国、そして各個人をリスペクトしており、これまでいかなる民族に対しても差別の目を持ったことはない」と述べ、香港独立に関連する動画への「いいね」についても「内容をよく見ずに押してしまった」と謝罪したことを紹介。一方で、動画を見た多くのネットユーザーからは交際相手の言動や、両国ネットユーザーによる言い争いを招いたことに対する釈明や謝罪がないといった不満の声が寄せられていると伝えた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング