Record China

ヘッドライン:

<コラム>逃げろ!コロナに襲われる都市集中 1

配信日時:2020年7月7日(火) 23時20分
拡大
日本では、大都市、特に東京一極集中は拙いと言われ出している。ソーシャル・ディスタンスとかいう英語は、三密を避ける社会的距離のことだ。

今回の新型コロナは、中国武漢発生だと言われる。武漢は東京に匹敵する大都市である。6月に入って、日本も、中韓も落ち着いた。ただ東京は感染が少し続いているし、中国でも、韓国でも都市に再発生している。

今回の疫病は、アメリカ、ヨーロッパでは、ニューヨークやロンドン。アフリカでも南米でも大都市が標的になった。コロナは自分では動けないし、人の細胞の中でしか増殖できないから、人が都市集中する場所で大爆発する。そして、衛生状態や、栄養状態の悪い貧困層の多いところで、あるいは、身体の弱った高齢者などの集団生活場所を攻撃する。

「まるで、コロナが意志を持ってやっているようでんな」

「まあ、本能と違う意図的な心は、人間しか…、あ、失礼」

吾輩は、少し抽象的すぎた言い方をしたので、ワンを見た。キリッとした柴犬の顔だ。本当は雑種だろうが、男前だ。いや男犬、いや雄犬か。

「わてを、男犬やて、まあ雄犬よりいいわなあ。雄犬なら、動物差別や。オスなんて人間には使わんやろ」

吾輩はゴクリと喉を鳴らした。意図的な意志もっているし、どうも吾輩の思考まで読まれている気がしないでもない。まあ、いいか…。

さて、元に戻って、日本では、大都市、特に東京一極集中は拙いと言われ出している。ソーシャル・ディスタンスとかいう英語は、三密を避ける社会的距離のことだ。今後コロナと共生していくとしたら、三密は確かに拙い。それで、田舎に移るという人も出てきた。この田舎へと言うのは、Uターン、Jターン、Iターンの3種類あるが、特にIターンを目指す人もいるという。

U:田舎→都会→元の田舎

J:田舎→都会→手近な田舎

I:都会→田舎

「なんかややこしいでっせ」

「ああ、元々、田舎生まれの人が、都会へ出てきて、元の故郷へ帰るのをUターンと言っていたんだよ」

「それにJターンが加わったのでっか?」

「そう。この場合は元の故郷に戻らないで、近場、或いは気に入った田舎に戻る」

「なるほど、次第にそういう人が増えてきたんですな」

「ワン、えらい!」

「照れまんなあ、ほめられると」

吾輩など団塊の世代は、Uターンが多かった。時代が下がると、故郷に帰っても父母はいない。都会も飽きたから、何処かのんびりした田園地帯に戻ろうというJターンになった。そして、既に東京などでは過半数が東京生まれで、故郷は東京だ。この大都会が嫌だとか、或いはコロナで住みづらいので、田舎に行こうというのがIターン。このパターンが「三密生活」を避けるのにいいらしいから、大都市脱出騒動となった。

「大都市から、フィジカル・ディスタンスの為に脱出するのでんな」

「ゲッ!ワン!お前そんなこと何処で習った?ソーシャル・ディスタンスなら有名やけれど…」

食卓机の横の椅子に座って、キーボードを叩く吾輩を見つめているワンをぎょろりと見た。

ワンはニヤリとして、口を開いた。

「フィジカルというのはでんな、肉体的・身体的なことでっしゃろ。コロナで三密を避けるのには、重要なのは、まず、これでんな。それからソーシャル・ディスタンス。身体の接触を避けるために大きく距離を取ってつきあいましょうでんな。そして、やり始めたら気がついたんでっせ」

「何に?」

「ちまちませず、常に距離を取っておおらかに生活しましょう。それが人間の生活やということにでんな。箱庭みたいな一戸建て、薄い鉄筋コンクリートのアパートを、マンションや、レジデンスと名前だけごまかして、身を縮めてする生活が、コロナの住処であり、非人間的なものであると。そういうことでんな」

「ゲゲゲゲゲ…」

吾輩はワンを見て、そしてホッと小さな息を吐き、時間を置いて、ニヤリと笑った。

「何処で聞いた?」

「あ、かなワンなあ…、この間、ご主人様がなんや別の文書で書いてはりましたで」

吾輩のニタリがワンの、食卓に載せた前足にぽたりと落ちた。

「やっぱりな!」言葉が、ワンの頭に突き刺さった。

「ワワーン…」

そういうことで、日本ではIターンまで始まっている。都市生まれの者が都市から田舎へ移住するのだ。テレワークもある。車もある。ネット通販もある。

だが、これはよほど条件に恵まれない限り最早、不可能である。前に少し触れたことがある。コンパクトシティ、つまり役所も、銀行、商業施設、郵便局、交番、学校も、そして自宅も、できる限り街の真ん中に集めてしまう。これが未来の日本である。高齢化と人口減少では昔日のような生活は不可能だ。

1965年からの高度成長期、人口も増え、鉱工業は盛んになり、サービス業も拡大。働き手は農村から都市へ大移動した。戦前6割の農家は、1割どころか、その半分にも満たなくなった。

この半世紀前の高度成長に伴う人口移動を可能にしたのは、地方への手厚い補償政策だ。例えば、機械化の進展などで米の生産は相当競争力がついてきた。それでも2014年の、アメリカの米の生産コストは、60キロあたり2千2百円。対する日本は1万5千4百円。日本の米は、アメリカの7倍の価格である。

それは、国土の広さにも起因して、生産者の努力だけではもちろん埋められない。下の図のように、なにせ日本では、1haが農地の平均の広さ。ココで農業機械を自家保有して米を作ると、当然高くなる。中国の平均も10ha、これでは競争にならない。

しかし、そこに補助金をつぎ込んで、価格を維持して農村が食べられるようにした。なぜか。農村の若者を都市の労働者にするには、農村にいる父母、祖父母が安心して食べられないといけない。安心して生きられないといけない。

かくして米の価格の高止まりはもちろん、農村にも、役場も、銀行も郵便局も、マーケットも、病院も学校も整備された。山の上の田んぼまでの道路は完全舗装された。

かく言う吾輩の父方の祖父は、大阪府能勢の農家出身だし、祖母は和歌山の農家出身である。若者は安心して都市で働き、盆暮れには帰省した。

■筆者プロフィール:石川希理
1947年神戸市生まれ。団塊世代の高齢者。板宿小学校・飛松中学校・星陵高校・神戸学院大学・仏教大学卒。同窓生いるかな?小説・童話の創作と、仏教の勉強と瞑想を10年ほど。明石市と西脇市の文芸祭り選者。児童文学のアンソロジー単行本、小説の自家版文庫本など。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング