Record China

ヘッドライン:

毎年ユニークなチマキが登場する端午節商戦!今年のチマキは“肉”がちがう?!

配信日時:2020年6月22日(月) 21時30分
拡大
今年の端午節は6月25日で、25日から27日の3日間が連休となる。毎年、定番の伝統的な味のほかに、目新しく、風変りな、ユニークなチマキが登場するが、今年話題となっているチマキを紹介する。
(1/4枚)

2020年は、コロナウイルスの影響もあり、上期はあっという間に時間が過ぎて、もう端午節を迎える。今年の端午節は6月25日で、25日から27日の3日間が連休となる。

その他の写真

3連休とはいえ、例年とちがい、コロナウイルス感染の第2波を警戒して、まだ自由に旅行ができない。こうした状況でも変わらないのが“食い気”!?ということで、端午節といえば、チマキ(粽)。毎年、定番の伝統的な味のほかに、目新しく、風変りな、ユニークなチマキが登場するが、今年話題となっているチマキを紹介する。

今年上期に、食肉業界や飲食店をざわつかせた突然の「人口肉ブーム」。ブームといっても消費者に人気で広がったのではなく、マクドナルドやケンタッキーといったファーストフード店をはじめ、スターバックスなどの外食チェーンでも大々的に販売されるようになった、業界内でのブームである。

もちろん、チマキ商戦でも、この“ブーム”を見逃すはずがなく、今年はこの「人口肉」がチマキの具材としても登場した。ちなみに「人口肉」とは、植物タンパク質を利用したもので、昨年から大きな話題となっていたが、今年に入り、巷で「人口肉」を使った商品を目にする機会が増えた。

例えば、大人気のティードリンク店「喜茶(HEYTEA)」も人口肉を使ったチマキの販売でしている。喜茶では、「未来肉」という表現を使っている。そして、味付けはカレー風味、とても斬新なチマキになっている。他具材のチマキとあわせてのセット販売。6個入りのバラエティセットで1箱168元(約2600円)。

ここ数年は、端午節にオンラインでチマキを購入する、いわゆる「90後(1990年代生まれ)」の若者も増えてきた。これもバラエティに富んだ具材が幅広い年齢層に「チマキ」の存在感をアピールしているとも言える。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「端午節商戦!今年のチマキは“肉”がちがう?!」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

ランキング