Record China

ヘッドライン:

韓国のBTS、オリコンアルバムランキング1位=36年ぶりの快挙に「すごい」「誇らしい」

配信日時:2020年6月22日(月) 8時10分
拡大
19日、韓国・韓国経済TVは、韓国の人気グループ、BTSが「日本のオリコン上半期アルバムランキングで海外アーティストとしては36年ぶりとなる1位を獲得した」と伝えた。写真はBTSのポスター。

2020年6月19日、韓国・韓国経済TVは、韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が「日本のオリコン上半期アルバムランキングで海外アーティストとしては36年ぶりとなる1位を獲得した」と伝えた。

所属事務所などによると、BTSが2月に発売した「MAP OF THE SOUL:7」は期間内売り上げ42万9000枚を記録し、「オリコン上半期ランキング2020」のアルバム部門で1位に輝いた。海外アーティストの1位は、1984年のマイケル・ジャクソン「スリラー」以来、36年ぶり。また、男性アーティストの1位は2017年のSMAP「SMAP 25 YEARS」以来3年ぶりだという。

「MAP OF THE SOUL:7」はリリース直後、オリコンデイリーアルバムランキング、週間アルバムランキング、週間合算アルバムランキングでも1位を獲得している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「BTSが韓国人だということが誇らしい。応援してます」「さすがBTS。毎日、記録を作っている」「すごいことだよ、日本の歌手じゃなく、韓国の歌手がアルバム販売1位だなんて」「それもこのご時世にね」「BTSは愛国者」など、称賛の声が殺到している。

その他、「日本でも年齢が上の人は嫌韓だけど、若者は韓国が好きで、政治に興味がない人が多い」「BTSは韓国より先に日本でブレイクしたからね。日本のファンがいなければ、今のBTSはないと言える」などのコメントも上がっている。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

K−POPアイドル防弾少年団のアルバムがオリコンチャート首位、異例の記録樹立=韓国ネット「曲さえ良ければ韓国語でも日本で通用するということ」

3日、韓国の男性7人組ヒップホップグループ・防弾少年団(BTS)のアルバムが日本のオリコン週間アルバムランキング(10月9日付)で1位を獲得したと、韓国の複数の芸能専門メディアが大きく報じた。写真は日本のCDショップ。

Record China
2017年10月4日 11時40分
続きを読む

ランキング