Record China

ヘッドライン:

インドで高まる反中感情、「中国製品をボイコットせよ」人びとが群がりテレビを完全破壊―印メディア

配信日時:2020年6月19日(金) 21時20分
拡大
18日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、インドと中国の国境付近における両国の軍事衝突により、インド国内で中国製品不買の動きが起きていると報じた。写真はインド・デリー。

2020年6月18日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、インドと中国の国境付近における両国の軍事衝突により、インド国内で中国製品不買の動きが起きていると報じた。

記事は、インドメディアNews18 Indiaの18日付報道として、インドの街で群衆が中国製のテレビなどを破壊しており、ある市民が自宅にあった中国製テレビを街頭に放り投げると、これに人びとが群がって棒で殴ったり足で蹴ったりして完全に破壊する光景も見られたと伝えた。

また、SNS上ではインド各地でさまざまな団体や市民が中国製品の不買を呼びかけ、中国製品を燃やすデモを行う様子が伝えられており、高く積まれた中国製品に火が放たれると「恥ずかしい中国軍、中国製品をボイコットせよ」とのシュプレヒコールがあがったと紹介している。

さらに全インド商業連盟(CAIT)も中国製品の不買運動を起こしており、化粧品、靴、腕時計、トランク、玩具などの中国製品をリストアップし、全てのインド人に対してこれらの製品を購入しないよう呼びかけているとした。

このほか、インド通信省が国営通信企業2社や私営企業に対して、中国系企業との取引や中国からの新たな設備調達を禁止する命令を出したとも伝えている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング