Record China

ヘッドライン:

トランプ氏がまた人種差別的用語、選挙集会で新型コロナを「カン・フル」と呼ぶ―中国メディア

配信日時:2020年6月21日(日) 17時40分
拡大
環球網によると、トランプ米大統領は20日夜、11月の大統領選に向けた選挙集会で、新型コロナをカンフーをもじって「カン・フル」と呼んだ。資料写真。

中国のニュースサイト、環球網の21日付報道によると、新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と呼び、米国のメディアからも批判されてきたトランプ米大統領が20日夜、新型コロナ感染拡大後初となる11月の大統領選に向けた選挙集会で、新型コロナをカンフーをもじって「カン・フル(kung flu)」と呼んだ。

環球網によると、米CNNのニュースサイトは21日、「トランプ氏、人種差別的用語でコロナウイルスに言及」とする記事を掲載。トランプ氏が南部オクラホマ州で開いた選挙集会で、「これは病気であり、疑いもなく、これまでのどの病気よりも多くの名前がある」とした上で、「カン・フルと名付けることができる。19の異なるバージョンの名前を付けることができる。多くの人はそれをウイルスと呼んでいる。その通りだ。インフルエンザと呼ぶ人も多い。何が違うのか。名前には19~20ものバージョンがあると思う」と述べたことを伝えた。

環球網は、「トランプ氏が新型コロナウイルスについてどのような呼び方をしようとも、呼び方をどのように中国に関連付けて視線をそらそうとも、米ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによると、北京時間21日午前7時33分(日本時間同8時33分)現在、米国で新型コロナウイルスの感染が確認された人は225万1205人に上り、亡くなった人も11万9654人と、ともに世界で最も多いことにわれわれは気づいている」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング