Record China

ヘッドライン:

米感染症研究所長、コロナワクチンの有効性「98%となる可能性は低い」―米華字メディア

配信日時:2020年8月10日(月) 5時40分
拡大
米国の中国語ニュースサイト、多維新聞の8日付報道によると、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は、ワクチンの有効性が98%となる可能性は低いとの見方を示した。写真は北京市内のPCR検査。

米国の中国語ニュースサイト、多維新聞の8日付報道によると、トランプ米大統領が6日、大統領選が行われる11月初旬までに新型コロナウイルスワクチンが実用化される可能性はあるという考えを示したのに対し、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は、ワクチンの有効性が98%となる可能性は低いとの見方を示した。

記事によると、ファウチ氏は7日、ブラウン大学公衆衛生学部が開催したオンラインイベントで、「ワクチンの有効性がどれぐらいなのか分からない。50%かもしれないし、60%かもしれない。75%以上であってほしい。ただ有効性が98%となる可能性は低く、公衆衛生上の措置を中断してはならない」と語った。

米食品医薬品局(FDA)は、新型コロナウイルスのワクチンを承認する際の指針として、プラセボ(偽薬)との比較で少なくとも50%を上回る有効性を挙げている。

ファウチ氏は、21年の最初の数カ月ごろに米国人がワクチンを広範囲に利用できるようになるとも述べた。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング