Record China

ヘッドライン:

ドイツテレコムがファーウェイなどと5G契約を締結

配信日時:2020年6月18日(木) 15時30分
拡大
ドイツの通信大手・ドイツテレコムは17日、5G市場を拡大するために、ファーウェイ(華為技術)、エリクソンの2社と第5世代移動通信システム(5G)に関する契約を締結したことを発表した。写真はベルリン。

ドイツの通信大手・ドイツテレコムは17日、5G市場を拡大するために、ファーウェイ(華為技術)、エリクソンの2社と第5世代移動通信システム(5G)に関する契約を締結したことを発表した。ファーウェイ・ジャパンの担当者が明かした。

ドイツテレコムはすでに1万2000を超える基地局を設置しており、1600万人以上が5Gネットワークを利用できるようになった。7月中旬頃までにドイツの人口の半数である4000万人をカバーし、ヨーロッパ最大の商用5Gネットワークを実現するという目標を掲げている。

同社の幹部は、「新型コロナウイルスによる危機の中でも、私たちは5Gネットワークを拡大しました。年末までに、(基地局を)さらに4万基増設します」「通信網だけでなく、利用しやすい通話料や魅力的なスマートフォンも提供していきます」と強調したという。

同社はドイツ最大の5Gネットワークを持ち、個人を中心に利用者を増やしている。サムスンの「S20」シリーズやファーウェイの「P40 Pro」など5G対応のスマートフォンも取り扱っており、今後さらに増やしていく予定だという。(編集/毛利)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング