響く悲鳴、当局職員が公衆の面前でペット犬を撲殺=ネットでは「支持」と「批判」が拮抗―中国

Record China    2020年6月19日(金) 0時20分

拡大

中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県の路上で17日、都市管理局の職員が棒で犬を撲殺する騒動があった。中国のネットユーザーからは賛否両論が寄せられている。

中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県の路上で17日、都市管理局の職員(中国では「城管」と呼ばれる)が棒で犬を撲殺する騒動があった。中国のネットユーザーからは賛否両論が寄せられている。

撲殺されたのは近所に住む人の飼い犬だといい、ペットとして買うための登録もされていた。飼い主は「娘がドアを開け、犬が自分で出て行った。その間に撲殺された」と話しているという。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿された現場の動画には、悲鳴を上げる犬を2人の職員が代わる代わる棒で殴打する様子や、周囲の人が足を止めてそれを見ている様子が映っている。また、職員らが乗る車には「犬の散歩時につないでいなければ一律に捕殺する」との標語が掲げられていた。

この騒動に対する中国のネットユーザーの意見は割れている。「問題ない。リードにつないでいないのだから」「標語にはっきりと書いてあるだろう。支持する」「つながれていなかったのなら仕方がない」「自業自得だ」など、職員の対応を支持する声に多くの共感が集まっている。

一方で、数としては「なんてひどい」「人間性のかけらもない」「つないでいないのは良くない。だがこんなに残酷なことはしないでもらいたい。文明社会とは程遠い」「つながれていないのなら連れて行けばいいこと。なぜその場で撲殺するのか。主人の過ちの責任をなぜ犬が負わないといけない?」「罰せられるべきは飼い主!これでは動物虐待と何ら違いはない」「野蛮な法の執行だ」との声も多い。ただ、こうした声には「もし犬が人をかんだらどうする?飼い主が近くにいなかったのだから、誰も飼い犬かどうかなんて分からない」「犬はかわいそうだが、かまれて狂犬病にでもなったらどうするというのか」といった反論も寄せられている。

中国では近年、ペットとして犬を飼い始める人が増える一方でトラブルも増えている。今年5月には北京市で、リードにつながれていなかった小型犬を高齢の男性が蹴り、怒った飼い主の女性がつかみかかる騒動があった。昨年7月には上海市で、路上を歩いていた日本人女性が散歩中の大型犬に襲われて重傷を負う事件があった。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携