Record China

ヘッドライン:

中印両軍が係争地で衝突、45年ぶり死者、インド軍20人死亡―独メディア

配信日時:2020年6月17日(水) 19時0分
拡大
独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは17日、中国とインドの係争地帯で両軍が衝突し、1975年以来45年ぶりの死者が出たことについて伝えた。写真は中印国境。

独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは17日、中国とインドの係争地帯で両軍が衝突し、1975年以来45年ぶりの死者が出たことについて伝えた。

記事はまず、「インド軍によると、中印国境地帯にあるラダック地方のガルワン渓谷で16日、中印両軍が衝突した」とした上で、「インド軍は当初、死者数を3人と発表していたが、その後その数は20人にまで増えた。インドメディアのANI通信は中国側にも43人の死傷者が出ていると報じたが、この情報はこれまでのところ確認が取れていない」とした。

続いて、衝突の状況について、「仏AFP通信は消息筋の話として、銃器の発砲はなく、暴力的なつかみ合いの乱闘だったと伝えている」とした。

そして、中国外交部の趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官が16日の記者会見で、「インド軍部隊が15日に2度境界線を越え、中国の兵員を挑発・攻撃し、両国側の国境部隊の間で深刻な物理的衝突に至った」と述べ、インド側に責任があると非難したのに対し、インド外務省のスリバスタバ報道官は、衝突は中国側が一方的に現状を変更しようと試みたことが発端となったと主張したことを紹介した。

記事は、「両軍の対峙は5月5日から始まった」とし、ラダック地方の標高4000メートル以上の湖パンゴン・ツォのほとりで投石や殴り合いを含む衝突が起き、双方の兵士が負傷したことや、同9日にも1200キロメートル東にあるシッキム州で同様の衝突が起き、両国の兵士数十人が負傷したことなどを受け、6月上旬に両国の軍司令官によるハイレベル協議で、「平和的に解決」することで合意したが、「それ以降に公表された情報を見ると、両国間の協議は実を結ばなかったようだ」とした。

記事はまた、「中印間では1962年に短期間ながらも血生臭い戦争が勃発して以来、不信感が生じ、パトロール隊の間で偶発的な小規模衝突などが発生していた」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング