Record China

ヘッドライン:

日本の上空に謎の物体、日中ネットは“ある見方”で一致=「韓国のビラまく気球では?」の声も

配信日時:2020年6月17日(水) 14時20分
拡大
中国メディアの北京晩報は17日、日本の上空に正体不明の白い物体が表れ、日本のネットユーザーが想像力を膨らませていると伝えた。

中国メディアの北京晩報は17日、日本の上空に正体不明の白い物体が表れ、日本のネットユーザーが想像力を膨らませていると伝えた。

記事は日本の報道を引用し、17日午前に宮城県仙台市の上空に正体不明の物体が現れたことを紹介。物体は白色で丸く、十字状のものがぶら下がっている。午前4時ごろから目撃されていたという。仙台管区気象台は「全くもって不明。宮城県や仙台市、自衛隊に確認しても分からない」とした。気象観測機器に似ているとの指摘も出ているが、同気象台は「気象庁が打ちあげた物ではない」としているという。

北京晩報はこのニュースが日本のネット上で大きな話題になっているとし、「ドローンか、それに似たおもちゃでは?」と推測するユーザーや、「使徒襲来だ!ぶら下がってるのは明らかにロンギヌスの槍(やり)だ」などと“想像力をたくましくする”ユーザーもいたと伝えている。「使徒」「ロンギヌスの槍」はいずれも日本の人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する。

なお、中国のネット上でも日本と同じく「使徒襲来」「エヴァの部品か、それとも使徒か」などエヴァンゲリオンと絡めたコメントが投稿され共感を集めている他、「韓国北朝鮮にビラをまくために飛ばした気球では?」との声も出ている。

北朝鮮は16日に開城の南北共同連絡事務所を爆破しており、その原因の一つに韓国の脱北者団体などが北朝鮮に向けて飛ばしたビラが挙げられていた。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング