Record China

ヘッドライン:

台湾で味わえる「日本の味」、人気の焼酎居酒屋へ行ってみた

配信日時:2020年6月20日(土) 21時10分
拡大
親日家が非常に多い台湾には街のいたる所に日本料理店や日本風居酒屋が存在している。 近年は日本人店長による飲食店が非常に増えていて特に台北の林森北路エリアはまるで日本に迷い込んだかのようだ。
(1/7枚)

全世界が新型コロナウィルスに翻弄される現在、海外旅行を泣く泣くキャンセルした人や、なかなか故郷である日本に帰れない海外在住者も数多くいるようだ。

その他の写真

約2万人の日本人が居住している台湾は非常に暮らしやすい所だ。多少の文化の違いは感じるものの、人々は皆親切で、物価も他の国と比べると高くはなく、女性1人でも安心して暮らすことができる。

親日家が非常に多い台湾には街のいたる所に日本料理店や日本風居酒屋が存在している。近年は日本人店長による飲食店が非常に増えていて特に台北の林森北路エリアはまるで日本に迷い込んだかのようだ。

そこで今回は“台湾で味わえる日本の味”として人気の居酒屋を紹介しよう。「焼酎Bar 五右衛門」は台湾では珍しい焼酎を専門に扱うお店。店に入ると賑やかな日本語の声が。ドアの向こうはすっかり「日本」なのだ。

筆者が訪れた時はほぼ90%が日本人客。駐在員が憩いの場として愛用しているようだ。店では「香織さん」と常連客から親しまれているオーナー兼店長の女性がテキパキと切り盛りしていた。この日は週末だけあって大忙し、コロナの影響も忘れる程であった。

料理の種類も非常に豊富でどれも手のこんだ味。まさか台湾で焼きおにぎりが食べられるとは!感激もひとしお、まるで日本の旅先でくつろいでいる気分になった。

常連客の賑やかな男性陣曰く、ナポリタンや冷やし中華もお勧めだとか。台北で日本風のナポリタンが味わえるとは、ぜひまた試してみたい。

台湾在住の日本人や今後(来るべく)長期の台湾旅行を計画している人にぜひお勧めだ。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「台北の街角にある日本、人気の焼酎居酒屋へ行ってみた」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

ランキング