Record China

ヘッドライン:

中印衝突で双方に死傷者、背景に何が?―米華字メディア

配信日時:2020年6月17日(水) 11時20分
拡大
16日、米華字メディア・多維新聞は、インド北部ラダックの国境地帯でインド軍と中国人民解放軍が衝突し、中印双方に死者が出たと伝えた。写真は中印衝突に関するインドのテレビ報道。

2020年6月16日、米華字メディア・多維新聞は、インド北部ラダックの国境地帯でインド軍と中国人民解放軍が衝突し、中印双方に死者が出たと伝えた。

インド政府は16日、この衝突でインド兵3人が死亡したと発表したが、その後インド軍が死者は20人に達したと発表した。また、英メディアによると、中国人民解放軍の兵士5人が死亡し、11人が負傷したという。インドのメディアは中国側には数十人の死傷者が出ていると報じている。

中国外交部の趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官は16日の定例会見で、「インド側が中国兵を襲撃したため、双方の間で深刻な衝突が発生した」とインドを非難。「中国側はインド兵に対して、国境まで戻り、国境付近の情勢を複雑にするような一方的な行動をしないよう促した」と説明した。

また、共産党機関紙・人民日報系の環球時報の胡錫進(フー・シージン)編集長は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、「中国の自制を弱腰だと誤った判断をすべきではなく、中国を前にして尊大になるべきではない。中国はインドとの衝突を望んではいないが、衝突を恐れているわけではない。インドは歴史から教訓を学び、身の程をわきまえるべきだ。中印国境での衝突がさらに大きくなれば、インドとその地域にとって何の利益にもならない。中国からさらなる教訓を学ばないようにすべきだ」と主張した。

今回の中印の衝突の原因について多維新聞は、インド紙「ザ・トリビューン」の報道を基に、「双方公認の実効支配線をインド軍が認めず、1965年版の地図の実効支配線を根拠に進行したため、中国軍に阻止されたことにある」と紹介した。

また、別の消息筋による情報として、「中印双方の争いとなっているのはパンゴン湖エリアで、中国側が堀やトーチカなどを修理建設していることがインド軍に対する脅威となっており、インド側はこうした施設を撤去し、付近の空港から戦闘機や防空レーダーなども撤去するよう要求している」との背景があることを伝えている。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング