Record China

ヘッドライン:

90歳の香港人女性が語った日本による侵略「今の子どもたちは…」―香港紙

配信日時:2020年6月18日(木) 16時20分
拡大
16日、観察者網は、香港の90歳の女性がかつての日本による香港侵略の体験について語ったと報じた。写真は香港の古い街。

2020年6月16日、観察者網は、香港の90歳の女性がかつての日本による香港侵略の体験について語ったと報じた。

記事は、香港紙・文匯報の14日付報道を引用。先日、香港九龍婦人連合会会長らが香港在住の90歳の女性宅を訪れ、インタビューを行った様子を伝えた。

記事によると、インタビューの中で女性は当時の様子について「まだ幼く、毎日のように防空警報が鳴って逃げまどっていた。家族と防空壕に避難する時にはいつもはぐれてしまい、人が多い方へ逃げるしかなかった。警報が解除されるのを待って家に戻った」と語った。

また、「当時は本当に食べるものがなく、水を飲むことしかできなかった。2人の妹がご飯を食べられずに餓死した。この世代には幼年時代は存在しない。食べるものすらなく、勉強など言うまでもなくできなかった」と振り返ったという。

さらに、先日、香港の大学入試で20世紀前半における日本の中国侵略について「弊害より恩恵が大きかった」との答えを誘導するような問題が出された件に関して、「とても耐えがたい。今の素晴らしい生活はかけがえのないもの。今の子どもたちは幸せだが、傲慢(ごうまん)にならないでほしい。しっかり勉強して、働いて、今の生活を大切にしてほしい」と述べたという。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本兵に出くわした祖母、「もう終わりだ!」と思ったが…―中国人学生

中国国内では日本旅行で爆買いする観光客を批判する声も少なくない。その原因を過去の歴西あると見定めた南京理工大学の羅亜[女尼]さん。羅さんは、おばあさんから聞いた戦時中の話や、自身の日本人との交流について、作文につづっている。資料写真。

日本僑報社
2018年1月21日 13時30分
続きを読む

「日本人を憎んではいけない、自分の目でしっかり物事を見なさい」=日本兵と酒を酌み交わしたおじいさんの言い付け―中国人学生

国税庁はこのほど、日本国内で国産の米や水を原料に製造された清酒だけを「日本酒」と呼べるようにすることを提案した。そうしたなか、長春理工大学の李爽さんは、日本酒をめぐる中国人と日本人の交流について、作文に次のようにつづっている。写真は日本酒。

日本僑報社
2015年11月3日 12時55分
続きを読む

ランキング