Record China

ヘッドライン:

もがく韓国自動車メーカー、資産売却に閉店―中国メディア

配信日時:2020年6月17日(水) 5時20分
拡大
中国メディアの中国汽車報網は15日、新型コロナウイルスの影響下で韓国の自動車メーカーが「もがき、二の足を踏んでいる」とする記事を掲載した。資料写真。

中国メディアの中国汽車報網は15日、新型コロナウイルスの影響下で韓国の自動車メーカーが「もがき、二の足を踏んでいる」とする記事を掲載した。

記事は、韓国産業通商資源部が11日に発表したデータとして、韓国の5月の自動車輸出は前年同月比57.6%減の9万5400台だったと紹介。月の輸出台数が10万台を切るのはおよそ17年ぶりと指摘した上で、「各社は資産売却や閉店などの措置で資金調達、コスト削減を図り、コロナ危機を乗り越えようとしている」と伝えた。

記事によると、産業チェーンの長さや分業の高度なグローバル化、輸出依存などが韓国自動車産業の特徴という。「それゆえ、感染流行下で何度も部品の供給中断や操業停止が起きた」と述べる記事は、主要輸出先の欧米市場で需要の大幅な落ち込みが見られたことに言及。「過去数カ月、欧米では政府による感染対策のため自動車需要が大きく減り、完成車メーカーでも広範囲の操業停止が発生した」と説明し、欧米のこうした動きによって韓国の自動車メーカーの輸出向け生産ラインに影響が生じただけでなく、部品メーカーの受注も「直滑降」となったと指摘した。

韓国の5月の輸出額は全体で前年同月比23.7%減だったが、自動車は約54%、自動車部品は約67%とそれぞれ急激に減っており、業界のこうした状況について産業通商資源部は「主なターゲット市場のディーラーは続々と営業を再開しているが4月の需要急減で在庫がかさみ、5月の輸出減少に至った」と説明しているという。

記事は、韓国国内の5月の新車販売台数が前年同月から9.7%伸びた点や、「6月の輸出台数は10万台の水準に回復するだろう」との声が聞かれたことを示す一方、「全ての自動車メーカーが現代自動車グループのような財力を備えているわけではない。双竜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車などは融資について方法を検討中だが、売却できる資産は全部売るという選択もあり得る」と説明。双竜自動車については「財務状況は楽観視できず、親会社は感染爆発後に出資を取り止めた。非核心的資産を売る方法で資金を調達せざるを得なかった」と述べ、例として釜山の物流センターなどを挙げた。

また、ルノーサムスンに関しては「支出削減の方法を考えているところだ」と指摘し、「韓国12地区にある直営のサービスセンターのうち、赤字となっているセンターの閉鎖を検討している」という韓国メディアの11日の報道を紹介。「双竜自動車と同様、ルノーサムスンの近年の韓国での経営状況もそれほど良くはなく、ストライキにも直面した」とも説明し、韓国GMについても「置かれた状況は悪い。最近、富平の物流センターの土地売却を労働組合に通知した」などと伝えた。

記事によると、「海外の主要市場の低迷で世界中の自動車企業の困難が増している。規模が比較的小さい企業はより厳しくなる」と指摘する韓国のある業界関係者は、「これら3社は『今年の目標は生き残り』という状況」との考えを示したという。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング