Record China

ヘッドライン:

日本が陸上イージス配備計画停止、露専門家「中露の感情を逆なでしたくないため」

配信日時:2020年6月16日(火) 13時20分
拡大
日本が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画の停止を発表したことについて、ロシアの専門家は「中国やロシアの感情を逆なでしたくないため」との見方を示している。写真はモスクワ。

中国のニュースサイトの環球網は16日、日本が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画の停止を発表したことについて、ロシアの専門家が「中国やロシアの感情を逆なでしたくないため」との見方を示していると報じた。

露通信社スプートニクの15日付報道を引用して伝えたところによると、ロシア国防省の国際軍事協力総局の局長を務めたことがあるレオニード・イワショフ氏は、「日本はコストがかかることを理由に米国の陸上イージス防空システム配備を放棄したが、本当の理由は、中国やロシアとの関係が激化するのを望まないからだ」とした。

河野太郎防衛相は、イージス・アショア配備計画の停止について、迎撃ミサイルのブースターに技術的な問題が見つかり、改修にコストや時間がかかるためと説明した。

イワショフ氏は、「日本の当局者と専門家は、イージスシステムを配備すれば中露両国の感情を逆なですることをはっきりと理解している。東京はモスクワや北京との関係が激化するのを望んでいない。私の認識では、コストがかかるというのは、米国のシステムを放棄するための言い訳にすぎない。同システムの配備は将来、日本を危険にさらす可能性がある」とし、「日本が陸上イージスを放棄するのは、海上イージスの有効性が満足のいくものではないこととも関係している」との見方を示した。

環球網は、日本のイージス・アショア配備計画について、「日本政府は2017年に国内に2基配備することを決定した。候補地は西北部の秋田県と西南部の山口県で、作戦半径は日本全土をカバーするとみられている。1基の価格は1000億円で、2023年までに導入する計画だった」とした上で、「ロシアは、日本側のそうした意図は地域の戦略的安定に役立たず、東京との平和条約交渉においてこの問題を考慮しないわけにはいかないと何度も指摘している」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング