Record China

ヘッドライン:

北京の新型コロナ集団感染、遼寧省へも拡散―米メディア

配信日時:2020年6月15日(月) 11時50分
拡大
米ボイス・オブ・アメリカは15日、中国・北京にある食料品市場「新発地」で起きた新型コロナウイルスの集団感染について、「すでに近隣地域である遼寧省へも拡散している」と報じた。写真は新発地の海鮮市場。

米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは15日、中国北京市豊台区にある中国本土最大規模の食料品市場「新発地」で起きた新型コロナウイルスの集団感染について、「すでに近隣地域である遼寧省へも拡散している」と報じた。

記事によると、北京市の保健当局は14日の記者会見で、新型コロナウイルスで発症した新たな感染者を同日午前0時から7時(日本時間同1時から8時)までに8人確認したと発表した。全員が新発地市場に関係しており、同市場関連の感染者は12日の報告以降51人に達した。

記事は、「北京で新たに出現したウイルス感染問題は、すでに近隣地域である遼寧省へも拡散している」とし、「遼寧省の衛生健康委員会の発表によると、同省で12日に新型コロナウイルスの無症状感染者2人が新たに確認された。いずれも12日に北京で感染確認が報告された患者の濃厚接触者だ」と伝えた。

記事はまた、「中国の少なくとも10の省と市が、市民に対し、北京へ行かないよう警告するとともに、最近北京を訪問した人に対し、当局に連絡するよう求めた」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング