Record China

ヘッドライン:

北京の3つの市場で感染確認、周辺の居住区28カ所で封鎖式管理―中国

配信日時:2020年6月16日(火) 17時50分
拡大
北京日報の16日付報道によると、北京市ではこれまでに3つの市場で新型コロナウイルスの感染が確認されている。写真は封鎖式管理が取られた居住区。

中国・北京市では、豊台区にある食料品市場「新発地」で新型コロナウイルスの集団感染が発生しているが、北京日報の16日付報道によると、同市場のほかに海淀区の玉泉東市場と西城区の広外天陶紅蓮菜市場でも感染が確認されている。

北京市では11日に約2カ月ぶりとなる感染者が確認されて以降、5日間で106人に上っている。

北京日報によると、玉泉東市場関連では13日以降4人の感染が確認されている。広外天陶紅蓮菜市場関連では14日、新発地市場に出入りしていた1人の感染が確認された。

3つの市場は閉鎖され、市場周辺の小区(居住区)28カ所で出入りの検査を厳格化する封鎖式管理が取られている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング