生卵の殻に字を刻み、ぶどうの皮を縫う!外科医の驚くべき訓練法―中国メディア

人民網日本語版    2020年6月14日(日) 18時40分

拡大

胡林旺氏は湖南省人民病院の神経外科医で、開頭術の熟練度と精度を高めるために、10年間にわたり毎日ドリルを使い、生卵の殻に字を刻んでいる。

(1 / 3 枚)

胡林旺(フー・リンワン)氏は湖南省人民病院の神経外科医で、開頭術の熟練度と精度を高めるために、10年間にわたり毎日ドリルを使い、生卵の殻に字を刻んでいる。最初のころはなかなかうまくいかず、40日余り練習して、鶏卵を100個以上割ったのち、ようやくほぼ割らずに字を刻めるようになった。胡氏は現在では楽々と卵の殻に文字をはっきり刻めるようになり、しかも卵殻膜はまったく破れていないという。人民網が各社の報道をまとめて伝えた。

その他の写真

湖南省人民病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科副主任医師の周建波(ジョウ・ジエンボー)氏は、2本の綿棒で食事する様子を微信(WeChat)に投稿し、同病院従業員の間で注目を集めた。出前に箸がついてこなかったのだろうか?しかし実際には、指の柔軟性を養うため意図的にこうしたのだった。

周氏は、「外科医にとって、指の柔軟性は手術の精度を大きく左右する。小さな綿棒で食事をすることでこれを鍛えられる。物が小さいほど細かい動きが求められるからだ」と話す。当初は慣れず、1度の食事に通常の1.5倍の時間がかかっていたが、現在は箸を使った時とほぼ同じ時間になっている。さらには両手で同時に4本の綿棒を使い食事ができるようになった。

綿棒で食事をするほか、周氏には縫い針でぶどうの皮を縫うという特殊技能もある。周氏は特別にやって見せてくれた。まず刃物でぶどうの皮を切り開き、それから手術用の曲がった縫い針と糸を使い、の皮の方向を揃え、縫合し、糸を結ぶ。周氏の巧みな手の動きにより、ぶどうの皮は破れなかったばかりかきれいに縫い合わされた。「この訓練方法は、手・目・脳の協調、指の力の正確な把握に効果的だ」という。

外科医が熟練した医療技術をマスターするためには、数え切れないほどの練磨が必要だ。卵の殻に文字を刻むほか、南昌大学第二附属病院の葉敏華(イエ・ミンホア)医師は、髪の毛とほぼ同じ太さの縫合糸により卵殻膜を縫合できる。これにより頭蓋底硬膜修復術などの練習ができるという。また、塗偉医師は鶏手羽の血管を縫合することで、脳血管疾患の操作の熟練度を高めようとしている。

神経外科医はさらに、内視鏡を使い唐辛子の種をつかむ技術操作を練習している。これは主に下垂体腫瘍の低侵襲手術を想定しているという。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携